話題の講義、待望の書籍化・第2弾。気になるニュースを経済の視点で斬る!『池上彰の「経済学」講義 ニュース編』3月25日発売!

 
テレビ東京・BSジャパンの放送でも話題。
池上彰の愛知学院大学講義の書籍化・第2弾!
ニュースを経済の視点から読み解く。お金を武器に覇権を争ってきた戦後世界。東西冷戦後の資本主義の暴走、原油価格の乱高下と地政学、イスラムの台頭などで注目を浴びる宗教と経済の関係、出口戦略が問われるアメリカの金融政策――などから、21世紀の世界を考える。
1  石油をめぐる地政学
2 お金が商品になった――ブレトンウッズ体制の崩壊
3 リーマン・ショックが生まれた理由
4 EUとユーロ――理想と現実
5 金融政策の方法とは?――日銀とFRBの役割
6 宗教と経済の関係を読む
7 企業の成長と衰退を考える――
スターバックス、マイクロソフト、アップル、アマゾン【著者プロフィール】
池上 彰(いけがみ・あきら)
ジャーナリスト、東京工業大学教授、愛知学院大学特任教授。1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年にNHK入局。1994年から11年間、「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年よりフリーに。 角川SSC新書『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズが累計131万部突破の大ヒットに。『知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版 第4弾 池上彰が読む「イスラム」世界』などの図解版も好評を得ている。池上彰の「経済学」講義 ニュース編
~覇権をめぐり お金が武器に~
著者:池上 彰
四六判・384ページ
発売日 2015年3月25日(水)
定価 本体1500円+税
発行:株式会社KADOKAWA
経済の視点で戦後70年の歴史を読み解く。
『池上彰の「経済学」講義』第1弾
「歴史編~戦後70年 世界経済の歩み~」は、発売後即重版!現在3刷!
定価 本体1500円+税
 
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.