【東京都内のロケ地案内の決定版】無料スマートフォン用観光アプリ「東京ロケたび」が始動!■外国人観光客向けも意識し、映画やアニメなどの舞台を5か国語で案内

アプリ内では、テレビドラマや映画、アニメ等の都内ロケ地についてのコンテンツを旧作から新作まで約140か所掲載しています。東京都の各市町村おすすめのロケ地を、コンテンツ情報、周辺の観光地などカルチャー情報とともに紹介。言語も日本語だけでなく、英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)の5か国語に対応し、東京に訪れた海外からの観光客にも対応できるツールとなっています。
また、アプリのコンテンツ内には、東京都内のフィルムコミッションと製作会社をつなぐ役割として、「フィルムコミッションポータル」を設置、映画やドラマの製作会社などのロケ地探しに活用できる仕様となっています。製作者に有益なロケ地の周辺情報、エキストラ募集、ロケツーリズム活性化のための情報を東京都の各フィルムコミッションが最新記事として随時、発信し、ロケ地を探している人と提供したい人をつなぐアプリとして発展していきます。
さらに、アプリのダウンロード促進と過去の東京都内でロケが行われた作品を発掘し、観光活性につなげることを目的として、2015年4月より、「東京ロケ地あるき」などのリアルイベントを各ロケ地で開催する予定です。ロケ地である各市町村や映画会社等と連携したプログラムを用意、バーチャル(アプリ)×リアル(イベント)、という体験・参加型の機能も充実させていきます。
加えて、日本最大級500万件のレビュー数を集める映画アプリ「Filmarks」と連携することで、ロケ地該当映画の作品情報や口コミ・評価をチェックすることも可能に。ユーザーにより多くの映画鑑賞を促進し、ロケツーリズムのさらなる活性化に貢献していきます。
JTBコーポレートセールスと東京都では、上記のアプリの浸透を図りながら、映画やドラマ、アニメなどの製作会社と都内各自治体との関係を強める一方、様々な取組を企画、運営し、地域活性化の一翼を担うとともに、人々の交流の促進に貢献する活動を続けてまいります。<「Japan2Go!」とは>
本システムは、沖縄観光情報システムモデル事業において、JTBグループ、ソフトバンクテレコム株式会社他より構成されたICTを活用した観光客受け入れ促進コンソーシアムにより、沖縄県による外国人受け入れ強化事業の一環として構築した多言語対応の観光情報配信プラットフォームおよびスマートフォンアプリケーション「Okinawa2Go!」をベースに開発されました。
観光事業に携わる自治体や団体、企業向けのサービスで、低コストで容易にご当地観光アプリケーションが開発できるクラウド型の情報発信プラットフォームとしてソフトバンクテレコム株式会社により大幅に機能強化を行い、全国展開を行っているサービスです。<「Japan2Go!」の特長>
1.「Japan2Go!」のデータベースを利用することで、さまざまなアプリケーションが短期間かつ低コストで開発可能です。
2.簡易なコンテンツ管理システムにより、特別な知識がなくても、簡単にご当地アプリケーションのコンテンツ登録、更新が可能です。
3.GPSログやアクセスログを取得できるため、利用者の位置情報を用いて行動を分析し統計をとることで、新たな観光施策の立案などに活用できます。(別途有償オプションサービス)
4.アプリケーションは英語・韓国語・中国語(繁体)・中国語(簡体)に日本語を含めた4カ国5言語に対応しています。
5.リスト検索、周辺検索、モデルコース、スタンプラリー※1、「旅の軌跡」※2、GPS連動通知機能など、GPSを活用して現地での回遊を促すさまざまな便利機能を搭載しています。
<Japan2Go!公式サイト> http://tm.softbank.jp/cloud/saas/japan2go/
※1 Japan2Go!の標準機能として今回搭載された新機能です。
※2 従来の「旅の軌跡」から大幅に機能強化し、タイムライン上やマップ上において、さまざまな記録とSNSによる情報共有が可能になりました。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.