日本の桜は台湾、香港、タイ人に大人気!

桜の開花(あるいは予定日)の週とその翌週に東京と大阪の各空港に乗り入れる航空券を検索した外国人観光客を2014年と2015年で比較したところ、近隣国である台湾や香港、タイ、韓国、シンガポールがいずれの年にも上位10位までに入っています。ヨーロッパでの人気も高く、2014年にイギリスは3位、2015年は4位となっており、イタリアからの検索数も2年続けて10位内にランキングされています。
また、2015年の上位5か国のうち、スカイスキャナー経由で航空券検索をした訪日予定の外国人数(訪日予定者を含む)を過去1年間の月ごとに比較したところ、特に3月や4月の桜の季節に日本を旅行するために航空券検索する人が多いのは、香港、イギリス、タイ、台湾であることがわかりました。
スカイスキャナー日本代表の春山佳久は、「日本の伝統行事や季節のイベントがウェブサイトやソーシャルネットワークを通じて外国人にかなり浸透してきています。桜の開花といった見頃の予想が難しいイベントも早めに情報を入手することが可能になっており、今後もこのようなイベントにあわせた来訪者が増えていくと思います。弊社でも、各国のサイトに日本旅行を促進するような記事や情報を増やしていく方針です。」と述べています。
2014年の3月と4月には前年比約30%増の計230万人近くの旅行者が海外から日本を訪れています。今年も多くの観光客が日本の花見を楽しむことが予想されます。
桜の季節の2014年と2015年の訪日航空券検索ランキングについては下記詳細をご覧ください。1.   桜の季節の訪日航空券検索ランキング
※2014年は3月の第5週と第6週(4月の第1週)、2015年は3月の第4週と第5週 (4月の第1週)に東京、大阪に到着するフライト検索数の国別総計をもとにランキング。
 
2.  上位5か国の月別訪日数
 
*2015年「桜の季節の訪日航空券検索ランキング」上位5位の過去1年間の訪日数を月別に比較。 国ごとの年間平均値を0%としています。
<スカイスキャナー リミテッドについて>
スカイスキャナーは多様な航空券やホテル、レンタカーについて、各種の検索サイトを一括して比較検索できるメタサーチシステムによる無料旅行検索サイトです。2003年にイギリスで設立して以来、月間3,000万人のユニークユーザーに対し、ウェブサイトを通じて最適な旅行ソリューションを提供してきました。また、スカイスキャナーのモバイルアプリはiPhone、iPad、Android、Windows Phone、BlackBerry、Windows 8にて利用が可能で、3,500万件以上ダウンロードされるなど高く評価されており、2014年にはグローバルにおいて前年比42%の成長率で172億円の売上を達成しています。
本検索サイト(アプリを含む)は世界中のフライトをカバーしており、30言語・70通貨による検索を可能にしています。オフィスはエディンバラ、グラスゴー、シンガポール、北京、深セン、マイアミ、バルセロナ、ソフィア、ブダペストにあり、500名以上の社員が勤務しています。
▼スカイスキャナーウェブサイトhttp://www.skyscanner.jp/
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.