ベクセス株式会社、東京都町田市と災害時協定を締結

 ベクセス株式会社は2015年3月25日、町田市と地震などの大規模災害に備えた協定を結びました。避難施設などに設置する、被災した住民の方が使う仮設トイレ等の供給を優先します。
 協定名称は「災害時における仮設トイレ等の供給協力に関する協定」とあり、内容は、災害時に市からの要請が弊社にあった場合、仮設トイレと水タンク、手洗いユニットを、可能な範囲で優先的に供給するものです。これにより、市は災害時の避難施設等に設置する仮設トイレ等の調達が一層円滑になり、態勢強化を図ることができます。
 市役所で石阪丈一市長と協定書を交わした際、弊社社長の横山は「市民に安心してもらえるよう、できる限りの協力をしたい」と話しました。
 弊社は、建設現場やイベント会場に仮設トイレ設置等を手掛け、また同市内に首都圏事業所を構えていることもあり、このたびの協定締結となりました。現在、市は災害時に避難施設や備蓄倉庫等に備蓄されている仮設トイレに不足が生じた場合、協定市町村・東京都・他自治体に供給を要請し、調達することとしていますが、今回の協定により市内の事業者からの調達も可能になり、供給の安定と強化が更に図れると期待しています。
【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ベクセス株式会社
担当者名:佐々木
TEL:042-710-3071
Email:y-sasaki@beqces.co.jp

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.