アーバンリサーチ【商業施設初】バーチャル試着ができる服の自販機を4月1日より東京ソラマチ®に設置

■日本初!商業施設におけるバーチャル試着端末の設置
これまで、特設会場での設置や商業施設にテナントとして入っている自社店舗内へのバーチャル試着端末の設置はありましたが、今回、東京ソラマチ2階の店舗区画への設置は、日本の商業施設において初となります。■性別や言語を問わず、誰でもバーチャル試着体験が可能に
昨年6月の開発・発表以来、端末の大幅改良を行い、これまでの女性服のみの対応から、新たに男性服にも対応可能になります。日・英・中国語の3ヵ国語に対応しているため、性別や言語を問わず、より多くの方々にバーチャル試着・買い物体験をしていただくことが可能になります。■OSのバージョンアップにより、基本性能・使用感が大幅向上
端末に搭載する動作センサー「キネクト」を「キネクト2」にバージョンアップしたことにより、体の動きや体勢に追随してリアルタイムに動作する「リアルタイムフィッティング」機能や、洋服の素材感の再現性などの基本性能 が大幅に向上。3Dで表示された洋服のボリュームや細かな動きを、まるで実際に着ているかのように、直感的な操作で体験することが可能になります。
「ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ」はアーバンリサーチのECサイトと連携しているため、気に入った商品があれば液晶画面上でECサイトのカートに入れ、発行されるQRコード(※)にスマートフォンからアクセスすると、そのまま購入することができます。さらに、フィッティング画像を自分のSNSに投稿することができるため、試着している様子を友達にシェアすることができます。 (※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です)
今回の設置は、日本国内のみならず訪日外国人も多数訪れる東京ソラマチで、より多くの方にバーチャル試着体験をしてもらいたいアーバンリサーチと、世界中から東京ソラマチを訪れる方々に、話題の最先端テクノロジーを体 験してもらいたい東京ソラマチの思いによって、実現に至りました。
アーバンリサーチでは将来的に、「ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ」を通じて、ネットとリアルの融合により、省スペースでも出店可能な無人のアパレル店舗の開発を目指してまいります。■「ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ」とは?
バーチャルフィッティングができる、60型大画面の液晶を搭載したデジタルサイネージ端末。端末に設置されたカメラが体形を正確に読み取ることで、体のラインにぴったりと合わせて気になる洋服を試着することが可能。また、体の動きに合わせてリアルタイムに動作する技術を独自に開発し、3Dで表示された洋服のボリュームや細かな動きを、まるで実際に着ているかのように体験することが可能。
eコマースサイトとの連携や新たな販売促進、狭いスペースでの取り扱い商品の多様化、無人店舗としての活用もできる実用ツールとして、インターネット関連企業の「ワープジャパン」と共同で開発。2014年6月17日から30日まで池袋パルコの特設会場に設置。同年9月6日に表参道ヒルズで開催されたVOGUE FASHION`S NIGHT OUT 2014 in Tokyo」に出展。
 
■アーバンリサーチについて
事業所名:株式会社アーバンリサーチ
代表者:代表取締役 竹村幸造
本社・事業支援本部:〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目6-4 りそな京町堀ビル 10F
東京支社:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目16-5 ダイドー北参道ビル 2F
事業内容:メンズ・レディースウェアなどの企画・販売・製造及び付随業務
創業:1974年7月1日
設立:1989年11月8日
資本金:1,000万円
実績:440億円(2015年1月)
   355億円(2014年1月)
   285億円(2013年1月)
   220億円(2012年1月)
   180億円(2011年1月)
店舗数:約200店
従業員数:約2,000名
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.