カラーコーン好き芸術家の想いが爆発 「デザインパイロン」新たに50の着せ替えデザインをリリース

株式会社アドニック(本社:大阪市中央区、代表:藤田治)は、カラーコーンにオリジナルプリントのシートを被せ広告媒体やディスプレイに変化させるコーンカバー「デザインパイロン」の新デザインを50点を追加し、2015年3月30日より販売を開始した。
 カラーコーンは主に工事現場や駐車場等で乱雑に扱われる事が多くボロボロに壊れていたりあまりいい印象を与えない事が多い。
 デザインパイロンの産みの親である株式会社アドニック クリエイティブ部 小島 和人は現代アーティスト「小島和人ハモニズム」として活動していると同時に無類の三角コーン好き。「カラーコーンのフォルムは実はとても洗練されていて芸術性を感じる。きちんとコーディネートすれば、逆に町の景観を良くする事が出来る。」その想いから産み出された商品であり、今回は多様な商業イメージに対応できるようファッションのテキスタイルをイメージしたシンプルな50デザインをリリースした
 カラーコーンを使って大阪の町をもっとカラフルで楽しく、お洒落でアートな町にしたい。それが制作者である小島和人ハモニズムの想い。
■デザインパイロンの詳細
 カラーコーンは本来なら広告を啓示する事が困難な三角錐の形状だが、独自の技術で写真を綺麗に貼付ける事を可能にした。また、筒状のカバーになっておりカラーコーン本体にかぶせるだけのシンプルな構造であり高さ70cmの一般的な三角コーンにかぶせるだけでそのまま使用する事が出来る。
 材質はユポ紙の上に屋外用ラミネートを採用しており、一般的な屋外広告物のビジュアルシートと同等の材質のため、屋外で風雨や直射日光にも耐え保管状況にもよるが2〜3年は安定して使用することができる。
WEBサイト : http://designpylons.com
【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社アドニック
担当者名:小島和人
TEL:06-6228-7070
Email:k.kojima@adnic.co.jp

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.