神奈川県の誘致による最大(10メガワット)のメガソーラー「SGET中井メガソーラー発電所」が4月27日(月)に完成(稼動開始)

 神奈川県足柄上郡中井町南部地区において整備が進められてきた「SGET※中井メガソーラー発電所」が、4月27日に完成し、稼動を開始します。
 この事業は、神奈川県が推進している「かながわスマートエネルギー構想」の取組みの一環として、メガソーラー発電設備の設置による電力供給の拡大、地域経済の活性化、防災対策の強化及び再生可能エネルギー普及の啓発を図ることを目的に、神奈川県、中井町、神奈川県住宅供給公社及びスパークス・グリーン&テクノロジー株式会社の4者が、平成25年5月に基本協定を締結し、事業を進めてきました。
 この施設は、神奈川県が基礎調査を実施し、メガソーラー等の誘致を行ってきた12か所の候補地のうち、5か所目の運転開始施設で、出力規模は最大となります。10メガワットの出力は、神奈川県が誘致したメガソーラーでは最大、県内では3番目の出力規模となり、これは一般家庭約2,870世帯分の年間使用量に相当し、発電された電力は東京電力に売電されます。
 また、敷地内の高台に、メガソーラー全体を見渡せ、遠くには富士山や相模湾を眺望することができる展望施設「太陽の公園」が整備され、一般に公開し、環境教育の場として活用される予定です。敷地に隣接して設置したトイレには、災害時の非常用電源として太陽光発電設備(2キロワット)及び蓄電池(500ワット時)が設置され、地域の防災対策に配慮しています。
 完成日には、黒岩神奈川県知事、杉山中井町長 他関係者をお招きしての竣工式が開催されます。
(※「SGET」は、SPARX Green Energy & Technology の頭文字をとった略称です。)
 
【 メガソーラー事業の概要】
(1) 場所     足柄上郡中井町井ノ口
(2) 開発面積    199,796 ㎡(約20ヘクタール)
(3) 総事業費   約40億円
(4) 太陽電池出力  約10 メガワット(9,804 キロワット、太陽電池39,216 枚)
(5) 想定発電量   年間 1,034.7 万キロワット時
(6) 発電事業者  SGET中井メガソーラー合同会社
(7) 土地所有者  神奈川県住宅供給公社ほか   
※土地所有者は、事業用地を神奈川県へ貸与
 
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.