国際NGOプラン・ジャパン第3回「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」を受賞

現地の食生活に合わせた栄養改善プロジェクト
ガーナで普及している発酵コーンを用いたお粥(現地名称:Koko)は、エネルギー、たんぱく質などが不足しています。このプロジェクトは離乳期の子どもの成長を促進を目指して、伝統的離乳食に添加する栄養サプリメントの普及促進、母親への栄養指導などを進めるものです。
 
幼児をもつ母親から聞き取り調査を行うプランのスタッフ
栄養指導ワークショップに集まった地域の母親たち
 
プランは、1992年からガーナで子どもの権利を中心とした地域開発活動を行い、現在4カ所に現地事務所を設置しています。地域の人々の声に耳を傾けながら、地域の自律的な能力強化を進めるプランは、これまでに構築された地域とのネットワークを通じて3年間の栄養効果試験に協力し、計900組の離乳期の子どもをもつ母親への栄養サプリメントの配布や栄養教育などを行ってきました。
 
 佐藤育朗事務局長は、「途上国の子どもたちの栄養改善のために、企業とNGOが現地のコミュニティの理解を得ながら共同でソーシャル・ビジネスを行う革新的なビジネスモデルが評価されたことを嬉しく思います」と今後の途上国支援に向けた受賞の意義を語りました。
 
プランとは
プランは、国連に公認・登録された国際NGOで、プラン・ジャパンはその一員です。アジア・アフリカ・中南米51カ国で、学校建設、予防接種、職業訓練など、子どもたちの能力と可能性を育む地域開発活動を行っています。

 
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.