LINE、Google Chrome向けウェブアプリを公開

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ『LINE(ライン)』http://line.me において、本日、Google ChromeブラウザからLINEが利用できるGoogle Chrome版LINE(対応OS:Chrome、Windows、Mac、Linux/無料)を公開いたしましたので、お知らせいたします。
 
今回提供を開始したGoogle Chrome版LINEは、現在提供しているPC版LINE(Windows/Mac対応デスクトップ常駐クライアント)と異なり、同一Googleアカウントを利用することで、一度インストールしてしまえば、追加インストール不要で複数デバイスからLINEにアクセス・利用ができるGoogle Chrome向けウェブアプリです。
LINEのコア機能であるトーク機能はもちろん、PCでの利用シーンを想定し、スクリーンキャプチャの撮影および送信機能を搭載。また、最大1GBのファイル送受信も簡単・素早く行うことができます。さらに、独自機能として、自分用にテキストや画像を整理して保存が可能な「メモ」機能を搭載いたしました。「メモ」機能により、自宅のPCで作成したToDoリストを学校や職場のPCで確認する、といったさらに便利なマルチデバイス利用が可能になります。
なお、Google Chrome版LINEでは、セキュリティ保護のため自動ログイン機能は提供しておらず、また、新たなデバイスでの初回ログイン時にはスマートフォン版LINEを使った本人認証が必須となります。また、音声・ビデオ通話機能やタイムライン機能は非対応となっており、利用を希望するユーザーにはPC版LINEの利用を推奨しています。
LINEでは、これまでマルチデバイス型メッセンジャーサービスとして、現在までにメインのスマートフォン版に加え、サブデバイス機能としてPC版(Windows/Mac)、iPad版、ウェアラブル端末版などを提供してまいりましたが、本サービスの公開により、マルチデバイス利用の垣根を下げ、さらに多くの利用者に便利なユーザー体験を届けることを目指します。
   ■トーク画面、メモ画面
 
■Google Chrome版LINE サービス概要
対応OS:Chrome、Windows、Mac、Linux
対応言語:英語、日本語、中国語(簡体字/繁体字)、タイ語、韓国語
サービス開始日: 2015年7月29日
Chromeウェブストア https://chrome.google.com/webstore/detail/line/menkifleemblimdogmoihpfopnplikde

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.