バリアブルプリントソフトウェア「DMの達人 ザ・バリアブル」Ver1.0を新発売

バリアブルプリントソフトウェア「DMの達人 ザ・バリアブル」Ver1.0を新発売

 理想科学工業株式会社(所在地:東京都港区、代表:羽山 明、以下 理想科学工業)は、レイアウト機能を充実させたバリアブルプリント(可変印刷)用ソフト『DMの達人 ザ・バリアブル』を2009年5月8日から販売すると発表した。 『DMの達人 ザ・バリアブル』は、株式会社タプコム(所在地:東京都新宿区、代表:田中 実、以下 タプコム)が企画し製品化したもので、開発元は株式会社インターシステムズ(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:田中 和人、以下 インターシステムズ)。 ダイレクトマーケティングの市場では、顧客ニーズの多様化に伴いお客の好みや価値観に合わせて個別のアプローチを行うOne to Oneマーケティングの需要が高まっているという。『DMの達人 ザ・バリアブル』は、DMのデザインを簡単操作で行えるレイアウト機能とDMの内容や宛名、バーコード等を差し替え印刷するバリアブルプリント機能を統合したソフト、ターゲットに合わせてつくり分けしたDMをお客ごとに内容を変えて印刷・発送できるとのことで、きめ細かい販売促進が可能となるとしている。 『DMの達人 ザ・バリアブル』には、業種別イラストや文字素材、イラストとキャッチコピーを組み合わせた「ことだま集」など、約3,600点の豊富な画像コンテンツを収録しているとのことで、季節のイベントやお客様の年代、性別に合わせた訴求力のあるDMを手軽にデザインできるとしている。また、PDFデータを取り込んで既存データと合成できるフォームオーバーレイ機能も搭載していることや、DMのほかチラシ・POP・名刺などのデザインもでき、販促ツール全般の作成にも利用できる万能ソフトだ。 また、『DMの達人 ザ・バリアブル』と理想科学工業の高速カラープリンター「オルフィス」を組み合わせると、小ロットから高速・低ランニングコストでDM販促が行えるプリント環境が構築できるとしており、理想科学工業は、本ソフトの販売により「オルフィス」のバリアブルプリント用途の拡大を目指すとしている。理想科学工業株式会社http://www.riso.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.