コックス、東北コットンプロジェクトのブランドオリジナルTシャツ発売!

イオングループの株式会社コックス(本社:東京都中央区日本橋浜町1-2-1、代表取締役社長:吉竹英典)は、2015年8月7日(金)より「東北コットンプロジェクト」で昨年栽培・収穫されたコットンを使用した商品を販売します。
 
商品化3年目となる本年は、過去最大規模のコットンをオーダーし、当社の主要ブランド「ikka(イッカ)」、「LBC(エルビーシー)」、「VENCE EXCHANGE(ヴァンスエクスチェンジ)」から、メンズ・レディスのTシャツ全6型を発売。それぞれブランドオリジナルのデザインで、全国の各ブランド合計230店舗のほか、WEBストア各店でもお買い求めいただけます。○○東北コットンプロジェクトとは?○○
収穫したコットン
 
コックスは、東日本大震災の津波により稲作が困難になった農地において、塩害に強い「綿」の栽培・紡績・生地化・商品化・販売まで一貫して実施する復興支援プロジェクト「東北コットンプロジェクト」に参加しています。
同プロジェクトは、「稲作ができなくなった東北の被災地で、塩害に強い綿花を育てて復興を支援しよう」と、被災地の農業生産組合や農業法人に呼びかけて始まりました。商品をお買い上げいただくことで、お客さまご自身にも被災地支援にご参加いただける取り組みです。現在では、80社以上が参加し、地域や東北の地元企業、学校などにも活動が広がっています。○○少しずつでもよりたくさんの方に知ってほしい○○
震災直後の2011年から栽培を開始し、徐々に収穫できる量も増えつつある綿花ですが、まだまだ収穫量は少ない状況です。コックスでは、「少しずつでも、よりたくさんのみなさまに知っていただく」ことを目指し、2%の東北コットンに、98%の認証済みオーガニックコットンを加えて商品をつくりました。
この商品を手に取ることで、ひとりでも多くのお客さまがこの活動や東北の思いを知って下されば幸いです。
 
◎東北コットンプロジェクト 2015 展開商品
<ikka>-TOHOKUコットン カモフラプリントTシャツ/カモフラポケットTシャツ(メ%

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.