インドネシア共和国エネルギー鉱物資源省鉱物資源教育・訓練庁と石炭の生産・保安向上のための研修に関する覚書を締結

左:JOGMEC安達理事 右:ETAEMR Djadjang長官
 
 JOGMECは、産炭国石炭採掘・保安技術高度化事業として、日本の技術者をインドネシアに派遣し、インドネシアの炭鉱技術者等を対象とした海外派遣研修を実施しています。
 今年度は、上記の海外派遣研修に加えて、本年6月15日に東京にて開催された「第7回日尼石炭政策対話」において、インドネシア共和国エネルギー鉱物資源省より日本側の経済産業省資源エネルギー庁およびJOGMECに対して、日本国内受入研修の実施要請があり、かかる協力を一層推進するため、新たに覚書を締結することとなりました。
 この覚書に基づき、インドネシアの炭鉱技術者等を日本で受入れ、約1ヶ月間の研修を行う予定です。
 
覚書署名式
→全文を読むhttp://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000020.html?mid=pr_150805

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.