世界初!Webブラウザ上で3D空間が動く『3Di OpenViewer』及び大規模3D空間構築のためのサーバーソフトウェア『3Di OpenSim Enterprise』発売

世界初!Webブラウザ上で3D空間が動く『3Di OpenViewer』及び大規模3D空間構築のためのサーバーソフトウェア『3Di OpenSim Enterprise』発売

 3Dインターネットソリューションの開発・提供を行う3Di株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小池 聡、以下 3Di)は、世界で初めてOpenSim*技術を用いて商用向けに製品化された、Webブラウザ上で3D空間を表示・操作できるオリジナルビューア『3Di OpenViewer』と、大規模な3D空間構築向けのサーバーソフトウェア『3Di OpenSim Enterprise Version 1.0』を開発し、2009年4月15日より、発売を開始したと発表。 サービスや企画内容に応じて複数のSIM(256メートル×256メートルの3D空間)を接続して利用可能だ(グリッド機能)。また、接続人数が少ないSIMへユーザーを振り分けることが可能とのことで、大規模な案件に対応可能とした。 なお、今回発表した新製品を体験する場として、3Diではセミナーを開催するとしている。ご興味ある方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。*OpenSim…世界中の技術者によってオープンソースで研究開発されている3Dインターネットサーバーソフトウェアの名称。OpenSimコミュニティには3Di社がコアディベロッパーとして開発に携わっている。「3Di ビジネスセミナー:インターネット+3D空間体験がもたらす企業Webサイトの新たな価値」日時  : 2009年4月20日(月) 16時半~18時(予定)場所  : 東京・中目黒 中目黒GTタワー20階 3Di株式会社お申込み: https://3di.smartseminar.jp/public/seminar/view/323Di製品デモサイトhttp://3di-opensim.com/demo-ec/3Di株式会社http://3di.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.