「#OriginalSuperstar – Pay It Forward」の始動を祝して一夜限りのアソビ場に、ファレル・ウィリアムスが登場

マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール・ハーディスティ)のストリートスポーツウエアブランド「アディダス オリジナルス」は、8月17日(月)に「CELEBRATION PARTY TOKYO by Pharrell Williams & YOON」を寺田倉庫特設会場(東京都品川区)にて開催いたしました。このパーティーには、真のスーパースターである、ファレル・ウィリアムスが登場。来場した約700名のファンやセレブリティにより会場は満員となり、多くのオーディエンスが集まったアソビ場は大盛況の一夜となりました。
今回開催された「CELEBRATION PARTY TOKYO by Pharrell Williams & YOON」は、2015年秋冬のadidas Originalsのキャンペーンである「#OriginalSuperstar – Pay It Forward」の日本における展開と共に、「SUPERSTAR PLAYGROUND」と題した、日本独自のプロジェクトの始動をセレブレイトするべく開催された、クリエイティビティ溢れる特別なパーティーです。全世界の中からファレル・ウィリアムスに、真のスーパースターとして選ばれ、認められたクリエイティブアイコンであるAMBUSH®デザイナーのYOON氏が、ファレル・ウィリアムスから受け取ったメッセージをセレブレイトし、彼女なりの解釈でパーティーの場で表現。会場に集まったオーディエンスたちは、ファレル・ウィリアムスとYOONが創り出した特別な場で、彼らのクリエイティビティを受け取りました。
会場に集まった参加者たちは、YOONが創り上げたコンセプト「PLAYGROUND」をベースに遊び心をくすぐるインスタレーションの数々や、奥田和久 / KAZによるパフォーマンスアート、DJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMY、Lucas Valentineによるミュージックセレクション、Kikky, NUMBERSによるダンスパフォーマンスなど、さまざまなパフォーマンスからクリエイティビティを受け取りました。
パーティー中盤には、ファレル・ウィリアムスがステージへ登場。会場内の約700名の参加者たちに向けて「クリエイティビティとは、創りつづけること、枠にとらわれないで考えること、ただそれだけ」というメッセージを送り、会場内の盛り上がりは最高潮に達しました。さらに日本で展開されるプロジェクト「SUPERSTAR PLAYGROUND」について
ファレル・ウィリアムスは「クリエイティブでいることは、自分自身の考えで前に進み続けること、それを日本のみんなに伝えたかったし、今回このように伝えられたことがとても嬉しい」と述べ、日本で広がるクリエイティビティの連鎖に期待を寄せました。
会場にはファレル・ウィリアムスと親交の深いNIGO®、Mr.など、数多くのセレブリティたちが来場しました。 □「#OriginalSuperstar – Pay It Forward」について
「私は無数の意見に晒されている。数字、写真、声。でもそれに動揺することはない。基準を決めるのは私自身だから。私は自分が創りたいものを創り出すだけ。私は自分自身のために創り出す」
「#OriginalSuperstar – Pay It Forward」とは、こうした “Superstar creates for an audience of one (スーパースターは自分自身のために創り出す)” というファレル・ウィリアムスの精神を世界中に発信するとともに、真のスーパースターを定義づけながら、人から人へと真のスーパースターが連鎖的に指名されていくプロジェクトです。
本プロジェクトは、ファレル・ウィリアムスが真のクリエイター(=スーパースター)として認める、Pusha T(プシャ・ティー)、Grigoriy Dobrygin(グリゴリー・ドブリギン)、Smithe(スミス)、VJ Mian(ブイジェイ・ミアン)、そして日本を代表するYOON(ユーン)の5名を選出するフィルムから始まります。ファレルは5名に、「キミたちは僕にとって真のスーパースターだ。だから、キミたちが考える真のスーパースターを世界に向けて表現してもらいたい」というメッセージを伝えます。そして、「#OriginalSuperstar」のハッシュタグと共にメッセージを受け取った5名は、ソーシャルメディアを通じて自身が思う、真のスーパースターの意味を発信していきます。さらにその5名が認める、クリエイティビティあふれる次のスーパースターが指名され、そのサイクルが拡散。そのメッセージが、「#OriginalSuperstar – Pay It Forward」に参加する人々のインスピレーションを刺激し、世界中でクリエイティビティの連鎖が続いていきます。また、「#OriginalSuperstar – Pay It Forward」の日本における展開として、「SUPERSTAR PLAYGROUND」と題したプロジェクトが 始動いたします。ファレル・ウィリアムスからインスピレーションを受けたYOONが中心となり、YOONが「#OriginalSuperstar」のハッシュタグと共に、スーパースターを次々に選出していくことを皮切りに、日本でもクリエイティビティの連鎖が始まります。□「SUPERSTAR PLAYGROUND」プロジェクトについて
アディダス オリジナルスでは、日本における展開として、全世界の中からファレル・ウィリアムスに選ばれたクリエイターの一人であるYOONと共に、「SUPERSTAR PLAYGROUND」と題したプロジェクトを始動いたします。ソーシャルメディア上だけでなく、東京の街を巻き込むなど、人々が実際に体験できるリアルなコンテンツなど多数展開していきます。□adidas Originals (アディダス オリジナルス) ブランドについて
2001年にスタートしたストリートスポーツウエアブランド。1972年から1996年まで「adidas社」のカンパニーロゴだったトレフォイルロゴ(三つ葉のロゴ)をシンボルマークとし、アディダスが持つ歴史を継承しながら、現在のトレンドを反映させた新作モデルやコラボレーション商品まで、現代の洗練されたスタイルへと進化を遂げ、幅広いアイテムを展開しています。※画像はこちらからもダウンロード可能です。http://news.adidas.com/jp

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.