らいふ、『24時間完全介護付き賃貸マンション』をオープン

 『生活環境防衛企業』として安心・安全な社会作りに取り組んでいる、株式会社らいふ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:吉田 伸一、以下 らいふ)は、2009年5月1日神奈川県川崎市に『24時間完全介護付き賃貸マンション』として「グランドステーションらいふ武蔵新城」をオープンすると発表した。 らいふでは平成8年に、日本初「入居一時金・保証金不要」の介護施設として、有料老人ホームの運営を開始し、12年間で延べ40万人の高齢者介護を行ってきた。 12年間培ってきた介護実績の中から、「介護が必要であっても自立した生活を送りたい」と考えている利用者様と家族が非常に多いことがわかり、「時代に合った最良の高齢者施設の形」として、今回『24時間完全介護付き賃貸マンション』をオープンすることになったという。 施設の特徴は、高齢者専用賃貸住宅でありながら、介護保険・特定施設の認可を受けている点にある。このため、完全にプライベートが保たれたワンルームマンションで、介護付き有料老人ホームと同等のサービスを受けることが可能とのことだ。(介護保険事業者番号:1475201727) また、約30m2ある居室に、バス/トイレ/キッチン/洗面台が備え付けられており、週末などでは家族がマンションに泊り、利用者と共に過ごしながら家族でも介護に参加することが可能な、安心感と自宅の自由度を合わせた画期的な24時間完全介護付き賃貸マンションとのことで、高齢者にとって落ち着ける場所となりそうだ。グランドステーションらいふ武蔵新城http://www.life-silver.com/kaigo/HS/musashishinjo.html株式会社らいふhttp://www.life-silver.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.