「Windows 10用Fitbit」アプリの発表

フィットビットCEO兼会長のジェームズ・パーク(James Park)は、次のように述べています。「フィットビットユーザーにとって、健康とフィットネスの分野の技術の進歩は、昼食に何を食べるか、エレベータではなく階段を使うか、何時に就寝するかなど、一日のうちのあらゆる意思決定をタイムリーに下す助けとなります。すべてのプラットフォームについて言えることですが、フィットビットは、携帯アプリを通してユーザーを夢中にさせる体験を提供し、ユーザーの目標設定や達成のための情報とやる気を与える機能を設計しています。新しい『Windows 10用Fitbit』アプリでは、マイクロソフト社と緊密に協力し、Windowsユーザーのフィットネスの目標達成を応援するため、あらゆるWindows機器でデータを利用しやすい方法を実現しました。」
新しい『Windows 10用Fitbit』アプリの主な特長は次のとおりです。
刷新されたライブ・タイル(データ一覧):ユーザーの皆様が健康とフィットネスの目標に到達できるように、個人のデータへのアクセスを迅速化し、より多くの情報と新しい通知タイプを加え、デザインを刷新しました。
クイック・アクション:食事、水分補給、運動などの健康とフィットネスに関する活動をトラックしより頻繁に記録できるように、ボタンをクリックするだけで記録が可能になりました。アラーム設定もボタンをクリックするだけで設定が可能です。
Cortana® 対応:Windows 10のタブレット、PC、携帯電話機に、音声コマンドで「夕食には鶏肉を食べた」「3マイル走ってきた」などと伝えると、食事や活動の記録を自動的に行います。
通知センター:ユーザーの大事な通知やメッセージは専用のタブに集めました。ここで進捗の確認ができ、やる気を促す友達や家族からの声援や野次、応援などをみることができます。
Bluetoothとの同期を強化:あらゆるWindows 10機器で、より迅速に自分の健康とフィットネスのデータにアクセスすることが可能になりました。これにより目標達成に向けてタイムリーな意思決定を下すことができます。
ユニバーサルデザインと全機器サポート:すべてのWindows 10機器にも対応するように視覚体験を強化し、リアルタイムで最重要な個人のデータを簡単にカスタム化して見ることができます。
これらの主な製品の特長は、フィットビットプラットフォームの継続的な進化を示すものです。これには、健康・フィットネスデバイス、ソフトウェア、サービス、オンラインのダッシュボード、携帯アプリ、データ解析、やる気を促すソーシャル向けツール、個別のインサイト、カスタマイズされたフィットネスプランとインタラクティブなワークアウトのバーチャルコーチまでも含まれています。
フィットビットは、この分野のパイオニアであり、Windows Phoneプラットフォームとの直接の携帯機器同期を初めて実現しました。フィットビット製品は、各種コンピュータ及び200以上のWindows Phone、iOS、Android機器との広い互換性を持ち、更に、サードパーティのアプリとの連携を広げています。
新しい『Windows 10用Fitbit』アプリは、無料で利用でき、Fitbit Surge™*、Fitbit Charge HR™、Fitbit Charge™、Fitbit Flex®、Fitbit One®、 Fitbit Zip® などのフィットネスリストバンドやトラッカー、及び、Aria® Wi-Fi スマート体重計*を含むフィットビット製品群と互換性があります。『Windows 10用Fitbit』アプリはWindows Storeより無料でダウンロードが可能です。
フィットビット製品とサービスに関する詳細情報は、www.fitbit.comをご覧ください。
■フィットビット・インク (NYSE:FIT) について
フィットビットは、人々が目標に到達できるようにデータとインスピレーションとガイダンスを提供し、より健康でアクティブな生活の実現をサポートする企業です。フィットネスウェアラブルデバイス分野のリーダーとして、フィットビットは、日常の健康とフィットネスをトラックする製品と体験をデザインします。多数の受賞歴を誇るフィットビットの製品群には、Fitbit Surge*、Fitbit Charge HR、Fitbit Charge、Fitbit Flex、Fitbit Zip、及び Fitbit One、Aria Wi-Fi スマート体重計*があります。フィットビット製品は、世界50カ国以上の45,000小売店舗で販売されています。
 
Fitbit、Fitbitのロゴ、Fitbit Surge*、Fitbit Charge HR、Fitbit Charge、Fitbit Flex、Fitbit One、Fitbit Zip、PurePulse、MobileRun、Aria*及びFitStar**は、フィットビット・インクの米国及びその他の国々における商標、サービスマーク、かつまたは、登録商標です。本リリースで言及されている他のすべての商標、サービスマーク、製品名称は、その各々の所有者の所有物です。
 
フィットビット のFacebook やTwitter もご覧ください。
Facebook: https://www.facebook.com/fitbitjapan
Twitter: https://twitter.com/fitbit_jp
 
*Fitbit SurgeおよびAriaは日本未発売です。
**FitStarは、現時点では日本語未対応です。
本資料は、2015年8月13日(米国時間)にフィットビット社が発表したプレスリリースを翻訳したものです。原文(英文)と翻訳に相違がある場合には、 その内容および解釈については原文が優先します。原文(英文)は、フィットビット社のサイト( http://bit.ly/1hCHx9Z )からご覧いただくことができます。
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.