サブちゃんの熱い歌声をカラオケで体感 北島三郎の「まま音」続々登場

 北島三郎は、半世紀以上も演歌一筋に生きる歌謡界の大御所で、数々のヒット曲が多くのカラオケユーザーの十八番(おはこ)として愛されています。
 通算で4578回に上った座長公演のフィナーレで、巨大なシャチホコに乗って歌いあげた「まつり」、2008年の閉館間際の演歌の殿堂「新宿コマ劇場」において、その堂々たる歌いっぷりで魅せてくれた「北の漁場」など、カラオケでも人気の高い15曲を「まま音」としてお届けします。
 「ライブサウンド」機能を搭載した最新機種「LIVE DAM STADIUM」であれば、北島三郎のこぶしのきいた歌声と沸き上がる歓声が全身を包みこみ、まるで歌謡ショーの会場にいるかのような臨場感を、ボタン操作ひとつで味わえます。
 当コンテンツによって、より多くの人に演歌の素晴らしさを体感してもらいたいと考えます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.