JOGMEC Techno Forum 2015にてダニエル・ヤーギン氏講演決定

 10月28日(水)、29日(木)に開催するJOGMEC Techno Forum 2015は、技術立国である日本の特性を活かし、技術シーズを有する本邦企業と日本技術に期待を寄せている海外資源開発国(企業)との連携を深めることを目的としており、今年で3回目を迎えることになります。
 このたび、フォーラム初日の10月28日(水)にIHS副会長のを招聘し、特別講演およびパネル・ディスカッションに参加して頂くことが決定しました。ダニエル・ヤーギン氏は、1992年に著書 “The Prize: The Epic Quest for Oil, Money, and Power”(邦題『石油の世紀 –支配者たちの興亡‐』)でピューリッツァー賞を受賞し、世界的ベストセラーとなったほか、2011年には『石油の世紀』の続編となる“The Quest: Energy, Security, and the Remaking of the Modern World”(邦題『探究 –エネルギーの世紀-』)を発表し、国内外を問わずエネルギー問題および国際政治経済に関する権威として知られております。
 
ダニエル・ヤーギン氏
 
●ダニエル・ヤーギン氏
イェール大学卒業後、ケンブリッジ大学で博士号取得。エネルギー問題および国際政治経済に関する世界的権威として知られる。
IHS Cambridge Energy Research Associates (CERA)の創設者であり、現IHS副会長。その他、米国エネルギー諮問委員会事務局長、米国エネルギー省の戦略的エネルギー研究開発タスクフォース代表、全米石油審議会委員、ブルッキングズ研究所管財人、米国エネルギー協会および米ロビジネス協議会理事、マサチューセッツ工科大学諮問委員、中国石油大学非常勤教授等を兼任。オバマ大統領の要請によりシェールガスに関する報告書を発表する等、数々の功績を残している。

 
 ヤーギン氏には、初日午後の部の後半にご登壇いただき、約40分間の特別講演にて昨今の厳しいエネルギービジネス環境を分析していただく予定です。また、続くパネル・ディスカッションでは同氏にモデレータを務めていただき、経済産業省および日本を代表する企業のトップマネジメントをパネリストに迎え、「停滞する油価市場で求められる技術および事業戦略(仮)」をテーマに議論を深めていただきたいと考えております。
  資源開発分野にご関心をお寄せいただいている皆様はもちろん、これまであまり機会のなかった皆様にも、JOGMEC Techno Forum 2015 をエネルギー業界情報収集の良い機会として、ご活用いただければと考えております。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
●JOGMEC Techno Forum 2015
日時
2015年10月28日(水)、29日(木)

場所
パレスホテル東京 (東京都千代田区丸の内1-1-1)

主催
独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構

参加費
無料
※ネットワーキングレセプション(10月28日開催)は会費制となります。

企業展示会
同時開催

 
詳細(プログラム、申込方法等)につきましては、下記HPをご参照ください。http://www.techno-forum2015.jp/
2015年8月4日付発行のニュースリリース『JOGMEC Techno Forum 2015 開催のお知らせ』も併せてご参照ください。http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000018.html?mid=pr_150904
※参加者定員は 500 名程度となります。
 参加をご希望される方の人数が定員を大きく上回った場合は、参加証の発行は抽選となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。
 なお、参加登録の受付開始は9月上旬を予定しております。
→全文を読むhttp://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000035.html?mid=pr_150904

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.