ファッションの力で介護業界を活性化!

主催の「一般社団法人女性と地域活性推進機構」は、機能性と美しさを両立したユニフォームで介護業界のイメージに新風を吹き込みたい、と今回のプロジェクトを企画。デザインに臨んだのは、ファッション・デザイン・美容のプロを育てる学校法人・専門学校 大阪モード学園(http://www.mode.ac.jp/osaka/)の学生たち。ファッションデザイン学科、ファッションデザイン学科高度専門士コース、ファッション技術学科の学生の中から、最終選考で残った5名の作品が当日披露されます。
ご多忙とは存じますが、学生ならではの自由な発想でデザインされた、今までにない介護服を是非ご取材頂きたくご案内申し上げます。
<第2回 輝く女性のためのシンポジウム> 詳細
◆日時:平成27年9月14日(月) 午後2時~午後6時(開場 午後1時半)
◆場所:大丸心斎橋劇場(大丸心斎橋店北館14階)
・ファッションショー「魅せる、見せる、美せる介護服コンテスト」、「表彰式」が予定されています。
・主催:一般社団法人女性と地域活性推進機構  URL: http://wao.jp.net/

今回学生たちは、デザインに取り組むにあたって、グループ校である学校法人・専門学校 大阪医専(http://www.isen.ac.jp/osaka/)の介護実習に参加。視力や筋力が弱い高齢者の疑似体験や車いすでの外出などの経験を通して、介護をする側・受ける側双方の立場を自ら体験。介護者の動き、介護服に求める機能などについて学んだ上でデザインに臨みました。
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.