メ~テレ 東海エリア初「HDR対応4K編集室」を新設 局内での4K一貫制作システムが完成

放送を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、メ~テレは「次世代放送の先進局」を目指し、積極的に4K制作に取り組んでいます。
昨年度は、関連会社である名古屋テレビネクスト株式会社が開局したCS放送「ダンスチャンネル」と連携し、4K映像によるダンス番組「ALL 4 DANCE」を制作しました。
今年度も、メ~テレでレギュラー放送中の「BOMBER-E ダンスナイト」のスペシャル版として、4K特番「BOMBER-E ダンスナイトSP」を制作中です。これが今回完成した4K編集室を活用する初の番組となり、「メ~テレ秋まつり2015」の会場で、ダイジェスト版を4K映像で上映します。<今後の展開予定>
◆メ~テレの4K特番第2弾となる「BOMBER-E ダンスナイトSP」を、通常の2K映像にダウンコンバートし、メ~テレとCS放送「ダンスチャンネル」にて放送。(60分番組)
【メ~テレ】9/29(火)深夜1時25分~ http://www.nagoyatv.com/bomber/dance_frisp/
【ダンスチャンネル】10/10(土)よる10時~ http://www.dance-ch.jp/street/bomberE_sp.html
◆9月26日(土)・27日(日)の両日、名古屋市中区の久屋大通公園一帯で開催する「メ~テレ秋まつり2015」の会場に180インチの大型4Kモニタを設置。「BOMBER-E ダンスナイトSP」のダイジェスト版を、迫力ある4K映像で上映。
【メ~テレ秋まつり2015】 http://www.nagoyatv.com/akimatsuri2015/<4K編集室 仕様>
【編集システム】
 編集ソフト:Avid MediaComposer8.4+ Symphony オプション
 素材ストレージ:Avid ISIS 5500 32TB(4K素材20時間)
 編集用マスターモニタ:SONY BVM-X300(有機EL、4K/HDR対応)
 波形モニタ:リーダー電子 LV5490
 カラーグレーディングシステム:BlackMagicDesign DaVinci Resolve
【試写システム】 ※5.1ch対応
 4Kプレイヤー:SONY PMW-PZ1
 クライアント用4Kモニタ:SONY KJ-75X9400C
【CGシステム】
 CGシステム:朋栄 VWS-4K<特 長>
◆複数の4K素材の同時編集(4Kマルチレイヤーリアルタイム編集)など、複雑な編集作業にも対応し、4K番組の局内一環制作による「最終仕上げ編集室」の役割を果たします。
◆緻密な色の調整が可能なカラーグレーディングシステムと、HDR表示に対応した有機ELモニタを設置。映像表現の幅が拡大します。
◆編集した映像の試写用として、75インチの大画面4Kモニタと5.1chスピーカーを設置。充実した視聴環境の下で映像の確認が可能です。
 
4K編集室
編集機器
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.