定額音楽配信の『スマホでUSEN』(税抜き490円)で、気軽に英語耳 埼玉医科大教授監修「英語耳を育てるモーツァルト」チャンネル誕生

「英語耳を育てるモーツァルト」チャンネルは、昨今の訪日外国人の増加、加速する企業のグローバル化を背景に、モーツァルト効果の研究で著名な埼玉医科大学の和合 治久教授が監修したチャンネルです。
【英語の音域(パスバンド)である2kHz~16kHzに同調するモーツァルトの楽曲聴取により 英語特有の音やイントネーション、アクセントなどをキャッチしやすい耳に育てる】という教授の研究成果に着目し、選曲したチャンネルとなります。
尚、本チャンネルを『スマホでUSEN』で展開することで、ユーザーは、場所や時間を選ばず、流し聴きできるため、気軽に楽しみながら、英語耳を育てることにチャレンジできることになります。
このほかにも、『スマホでUSEN』では、ECC英会話チャンネルなど英語力UPの一助となるチャンネルを多数展開しているので、併せてご活用ください。■監修した埼玉医科大  和合 治久教授より
聴覚という五感の一つは、有難いことに、聴覚訓練によって初期化することができ、外国語を聞き取る力が向上するのです。したがって、高周波数音に富むモーツアルトの音楽は胎児の耳にも届いて英語の聞き取り能力を向上させ、脳の聴覚機能を高める上で、意味があります。 【プロフィール】
埼玉医科大学教授。東京農工大学大学院修士課程修了後、京都大学で理学博士取得。免疫音楽医療学などが専門。
「モーツァルト音楽療法で未病克服力をつける」「音楽療法元年」など、音楽療法に関する著書多数。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.