AOKIの就活サマースーツ前年比4.5倍の着数を販売!

■2016年卒業予定の就活生の就職活動~スーツ購入時期は、大学3年生の“○月”が一番多い!?~
本年度の就職活動では、日本経団連に加盟している企業が8月より面接をスタートするのに伴い、真夏から就職活動が本格化するとして、これまでとは違う就活の服装を表す「夏の就活スタイル」や「就活クールビズ」といった言葉が多く聞かれました。
AOKIにおいても、例年よりも3ヵ月早い1月下旬より、夏の就職活動に適したサマースーツを展開。気温が上昇した4月下旬から6月にかけて、暑さ対策とお手入れのしやすさから“洗える”スーツの需要が高まり、前年比4.5倍となる着数を販売しました。
また、2014年12月より取り組みを開始している株式会社マイナビが運営する大学生支援サイト『マイナビスチューデント』が、2015年4月から6月に就活生3000名を対象に「就職活動中のライフスタイルに関するアンケート」を実施。その結果、就職活動用のスーツを購入した時期は「大学3年生の6月」が24.2%と一番多く、次いで「大学3年の2月」が17.6%、「大学3年生の3月」が14.8%という結果が得られました。
 
同様にAOKIが展開する就活サマースーツの売れ行きも、日本経団連に加盟している企業の面接開始時期である8月前後よりも、4月~6月が好調という結果が出ています。これらの結果から、①見た目にはオールシーズンタイプのスーツと変わりがなく、汚れたらすぐに洗えて乾くという利便性が受けた ②就職活動中の大学4年生と、インターンシップを控えた大学3年生のスーツ需要の高まりも要因となり、就活のサマースーツは好調に推移したものと考えられます。
AOKIは、本年度の就活生のスーツ購入時期や機能面でお客さまよりご要望をいただいたものをさらに進化させ、多様なニーズにお応えできる商品を今後も開発していきます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.