最先端のコミュニケーションロボット用AIや会話エンジンを開発するロボットテクノロジー専門会社1-10Roboticsを設立

1-10HOLDINGSは、コミュニケーションロボットの市場規模が2020年までに少なくとも現在の3倍である6000億円超へ拡大すると見込み、ロボット用の対話型システム開発やアプリケーション開発、 およびロボットを活用した広告制作を専門とする専門会社1-10Roboticsを設立いたします。
1-10HOLDINGSの子会社である株式会社ワン・トゥー・テン・デザイン(同、以下1-10design)は、2013年1月よりソフトバンクの感情をもったパーソナルロボットPepperの開発に携わってまいりました。
ソフトバンクショップでの会話コンテンツや、一般販売向けの会話やアプリなどの基本機能分野はもちろんのこと、Pepperを活用したTVCMにおける表現演出、イベントにおけるプレゼンテーションなど、数多くの実績を有しております。
今後も高度な会話エンジンを中心に開発力の強化を進めて、AI分野などの先進研究を行い事業展開してまいります。
代表取締役社長には現・1-10designのCTO(最高技術責任者)である長井健一が就任、新たに株式会社電通と業務提携し、引き続き、ソフトバンクロボティクス株式会社との協力体制を強化・継続してまいります。
1-10HOLDINGS は、クリエイティブ・カンパニーとして、クリエイティブが生み出す体験の価値創出をし続けていくべく、多様化するデジタル・テクノロジー領域に対応した多角化を今後も図ってまいります。
■新会社概要
会社名:株式会社ワン・トゥー・テン・ロボティクス
英語表記:1-10Robotics, Inc.
所在地:東京本社:東京都品川区東品川二丁目2番4号天王洲ファーストタワー24階
   :京都支社:京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸4階
役員:代表取締役社長 長井健一
   取締役 澤邊芳明
   取締役 中屋訓広
   監査役 飯塚浩
設立日:平成26年9月1日
資本金:10,000,000円
出資比率:1-10HOLDINGS 100%
【新会社ロゴ】
1-10Robotics Logo
 
■長井健一 略歴
長井健一
2005年3月京都大学工学部卒業後、1-10designへ入社。
インターネット黎明期における様々なブランドのデジタルコミュニケーション領域で、最新技術を活用した先鋭的な表現を制作し、国内外の広告賞を多数受賞。1-10design代表取締役社長、澤邊芳明(現・ 1-10HOLDINGS,CEO)にその才能を認められ2011年4月、1-10design,CTO(最高技術責任者)に就任。
ウェブやモバイルから制作領域を拡大し、ソフトバンクロボティクスの感情認識ヒューマノイドロボット Pepperへは企画段階よりプロジェクトへ参画、一般発売の実現へと貢献する。
現・1-10HOLDINGS,執行役員および1-10design,取締役。
Cannes Lions、Spikes Asia、TIAA、グッドデザイン賞など、受賞多数。 
 
■1-10roboticsサイト http://www.1-10.com/robotics/
[事業に関する問い合わせ先]
株式会社ワン・トゥー・テン・ロボティクス
事業担当 Email:contact-robotics@1-10.com

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.