9月30日(水)、東横線都立大学駅の高架下に7店舗がオープン

当社は、9月30日(水)、東横線都立大学駅高架下に、飲食店などが新たに入居する商業施設(以下、本施設)を開業します。
当社では、沿線の皆さまがイキイキと働き、快適に暮らし、楽しみのある街を実現するために、新たな取り組みとして「いい街 いい電車 プロジェクト」をスタートさせました。その重点施策のひとつとして、東急線駅構内・高架下・駅ビルの店舗開発およびリニューアルを積極的に進めており、本施設の開業はその第一弾となります。
また、本施設の屋上階には、都立大学駅前で2か所目となる、自転車112台を収容可能な「東急都立大学駅(西)駐輪場」も整備します。
本施設は、「ToritsuNade(トリツナード)~都立大の良さをつなぐ、歩いてみたくなる高架下施設~」をコンセプトに、1961年から同地で営業し、地域に親しまれていた「(旧)トリツフードセンター」の賑わいや、周辺に位置する自然豊かな散歩道、呑川緑道の流れを受け、「街」と「人」をつなぐ散歩道(プロムナード)となることを目指します。テナントには、都内初出店の本格的珈琲が楽しめる「倉式珈琲店」や、素材にこだわった沿線の人気イタリアンバル「オステリアバル リ・カーリカ」の2号店となる「カンティーナ カーリカ・リ」など「都立大らしいコダワリ」をキーワードに、飲食店やベーカリー等食物販、サービス店など、駅の利用者と住民の方の日常に彩りを添える店舗を揃えました。
 
当社は、本施設を皮切りに、今秋以降、武蔵小杉、祐天寺、中央林間など続々と駅構内・高架下・駅ビルにおいて、新規開業およびリニューアルを予定しており、今後も東急線沿線の活性化に寄与する商業施設開発を進めることで、東急線沿線の価値向上に努めます。
本施設、および「東急都立大学駅(西)駐輪場」の詳細はPDFの通りです。
 
外観イメージ
<本文・別紙>http://prtimes.jp/a/?f=d10686-20150910-8989.pdf

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.