三次元物理探査船 『資源』による西津軽沖海域および釧路沖海域における海上物理探査データ取得について

 
■三次元物理探査船『資源』
我が国周辺海域における石油・天然ガス資源の賦存情報を機動的・効率的に収集することを目的として、資源エネルギー庁は、平成19年度に三次元物理探査船『資源』を日本国公船として導入しました。JOGMECは『資源』の操業機関であり、運航管理業務を実施しています。
→全文を読むhttp://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000036.html?mid=pr_150911

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.