最新の国際環境規格に適合、人感センサーにより低消費電力を実現する液晶モニターを発売

最新の国際環境規格に適合、人感センサーにより低消費電力を実現する液晶モニターを発売

 株式会社ナナオ(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆、以下 ナナオ)は、省電力運用のための人感センサーを内蔵し、可動範囲が広い新スタンドと薄型・軽量の新デザインを採用、さらに世界最新の環境規格に適合した51cm(20.0)型カラー液晶モニター「FlexScan EV2023W(以下、EV2023W)」と58cm(23.0)型カラー液晶モニター「FlexScan EV2303W(以下、EV2303W)」を2009年5月21日より発売すると発表した。 EV2023WおよびEV2303Wは、自社一貫の設計・製造・品質管理体制によるEIZO液晶モニターの基本性能の高さや長期5年間保証の信頼性を踏襲。加えて、エルゴノミクス性やエコロジー性を高める各種機能・機構を採用しており、作業効率の向上と消費電力抑制によるコスト削減を実現する。 エルゴノミクス性においては、昇降、チルト、スウィーベルの動きに対応し、作業しやすい最適なモニター位置へ調整が行えるFlexStand(フレックススタンド)とTriStand(トライスタンド)の2種類のスタンドを新たに開発。FlexStandについては、業界最大級の225mm昇降やモニター部の縦回転に対応している。 エコロジー性においては、ユーザーの離席時に自動的に画面を消し、徹底した省電力運用をサポートする人感センサーEcoView Sense(エコビューセンス)を新たに開発・搭載。独自開発のアルゴリズムが、誤作動やユーザーの意に反した動作を排除し、高精度で快適な運用を行うとしている。このEcoView Sense機能に加え、周囲の明るさに応じて画面輝度を自動調整するAuto EcoView(オートエコビュー)機能にり、確実に消費電力の抑制が行えるとのことだ。 さらに、2009年3月に発表されたオフィス機器の安全性、エルゴノミクス、電磁界放射、省エネ、環境に関する国際規格TCO Displays 5.0に世界でもっとも早く適合を果たしたほか、EIZO液晶モニターとして初めて環境ラベルのEPEAT GOLDに適合しているという。 また、EIZO液晶モニター初のアスペクト比16:9のワイドフォーマット採用で、普及が進むHDコンテンツの表示にも適応しているとした。株式会社ナナオhttp://www.eizo.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.