見た目はセーター、肌側は綿100%の新しい肌着 ウイング『ダブルフェイス』新発売

株式会社ワコールは、チェーンストア(量販店)向けブランド「ウイング」より、肌着とセーターを組み合わせた新商品『ダブルフェイス』を9月上旬から発売しました。
『ダブルフェイス』は、裏と表で異なる素材を使用したアウターウェア感覚で着用できる新しい肌着です。表側はセーターのような編地、肌側は綿100%の肌着なので、見た目はアウターウェア、着ると肌着の1枚2役で着用いただけます。
また、一般的に綿は夏の肌着に使用される印象が強い素材ですが、肌側は綿ならではのなめらかな肌ざわりで着ごこちを重視し、表側は保温性のある素材を使用しているのであたたかさを感じていただけます。『ダブルフェイス』は、全国のチェーンストア(量販店)、ワコールウェブストアで9月上旬より発売し、5万3千枚の売上を目指します。(2015 年9月~2016 年1月)
 
『ダブルフェイス』 トップス 品番:EL-8951  ボトム  品番:ER-8251 カラー:LG(チャコールグレー)
 
 
■企画背景
昨今、市場では綿などの天然素材、アクリルなどの合成繊維や様々な素材を使用した冬のあたたかい肌着が発売されています。その中でも、店頭では、生地を触った時の感触、肌ざわりで、商品を選ぶお客様が多く、依然として天然素材である綿を使用した商品を要望する声があがっています。
また、秋からセーターなどを着用する機会が増えますが、素材や編み方によってはチクチク感があったり、肌あたりの不快感を軽減するために下に肌着などを着用すると、着ぶくれしたり暑くなりすぎたりと、着ごこちやシルエットの面で満足感を得られないこともあります。
そこで今回、アウターウェアとして着用でき、且つ肌着としての機能を持った1枚で着用できる『ダブルフェイス』を企画・開発。
表と裏で編み組織を変化させた二重構造で、表は“セーターの様な編地”、裏は“綿100%の肌着”で、肌着感覚でありながらアウターウェアの様な見た目とあたたかさ、着用時の快適さを実現させた『ダブルフェイス』を発売するに至りました。
 
※「ウイング」は、株式会社ワコールの登録商標です。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.