OSDN、オープンソース関連製品・サービスの情報を提供する『SF.JP OSS Directory』を正式公開

 OSDN株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐渡 秀治、以下OSDN)は本日、日本最大のオープンソース・ソフトウェアの開発サイトである「SourceForge.JP」において、オープンソース関連の製品、サービス、企業の情報を提供する『SF.JP OSS Directory』を正式公開した。 OSS企業には、製品を無償で提供しサービスを収益源とするビジネスモデルが多く見られ、OSS企業以外でもSaaSに代表されるサービス主体のビジネスモデルを採用する企業は増加している。しかし、サービス主導の業態の変化に従来の製品を主体とした情報サイトは追随できていなかった。『SF.JP OSS Directory』は製品情報だけでなく、OSSに関するコンサルティング、システム構築などのサービスの情報も対象とするとしており、サービスを受けたいユーザーとサービスを提供する企業を結びつける場を提供するとしている。 また『SF.JP OSS Directory』は、「SourceForge.JP」のプロジェクトWiki機能を利用して構築されており、「SourceForge.JP」のアカウントを持つユーザーは、テンプレートを使って簡単かつ自由に製品・サービスの情報を追加することが可能という。これにより、OSSを活用して製品・サービスを提供する企業は、情報の入力作業だけで潜在ユーザーに対する露出機会を得えることが可能となるとしている。 なお、OSDNは『SF.JP OSS Directory』が良質な情報提供の場となるよう、不正な書き込みの削除等、メンテナンス作業を継続して行うとした。SF.JP OSS Directoryhttp://sourceforge.jp/projects/ossdirectory/wiki/FrontPageSourceForge.JPhttp://sourceforge.jp/OSDN株式会社http://osdn.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.