大阪府河内長野市 認知症啓発イベント オレンジキャンペーンに「カイゲンの風神さん」 が登場

カイゲンファーマは昭和40年から大阪の河内長野市に工場を構えており、河内長野との縁が深いことから、地元企業として「オレンジキャンペーン」への参加を決定いたしました。■オレンジキャンペーンとは
「みんなで一緒に、認知症になっても住みよいまちづくりを目指そう」を合言葉に、河内長野市認知症キャラバン・メイト連絡会が主催となって開催する認知症啓発イベントです。
今年7月に北海道を出発し、認知症の人や家族、支援者、一般の人が少しずつリレーをしながら、1つタスキをつなぎ、ゴール地点である九州を目指すイベント『RUN伴(ランとも)』との同時開催であり、認知症ケア活動を広く周知いたします。
当日は、特別養護老人ホーム美加の台生登福祉ケアセンターをスタート地点とし国道310号線を中心に 走りながら河内長野市での最終ランナーの待つ、河内長野市役所モックル・フルル広場へとタスキを繋ぎます。
 <オレンジキャンペーン開催概要>
日時:2015年10月4日(日) 9:30~11:00
会場:河内長野市役所 モックル・フルル広場
※雨天の場合は市役所1階 市民サロンで開催します。
「カイゲンの風神さん」は、河内長野のゆるキャラ、モックルたちと一緒に参加いたします。
 【カイゲンの風神さん】
俵屋宗達の「風神雷神図屏風」の風神をキャラクター化したカイゲンファーマのマスコットキャラクターです。1982年にTV-CMに「かぜひいてまんねん」のセリフで登場させたのが始まりで、現在もTV-CMに登場したり、健康づくりのためのイベントに参加したりしています。
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.