日本の超絶技巧に驚く!『美術手帖』11月号は京都の職人技を特集。菊池亜希子の能衣装工房見学も

 
10月17日発売の『美術手帖』11月号は、「京都、究極の職人技」特集を掲載。
1200年の歴史を誇る京都で、日本の伝統と美しさを今に伝える、職人たちの手仕事を取材する。
メジャーな観光地にも、数多くの職人技が隠れているのが京都の奥深さ。秋の行楽シーズンに、この町の知られざる魅力に出会うことができる、これまでにない京都特集だ。
巻頭では、モデル・女優として活躍する菊池亜希子が、京都・西陣でただ一軒、能衣装を織り続ける工房「佐々木能衣装」を訪れ、その手仕事の粋に触れる。
また、アーティストの鴻池朋子は、神棚をはじめとする神祭具指物を制作する「牧神祭具店」で、驚くべき職人技と道具の数々に目をみはる。
さらに、書画の軸装や屏風などを扱う表具師、日本の伝統建築に欠かせない錺金具(かざりかなぐ)を製作する錺師、寺院や仏具などに金箔を押す箔押師など、日本の伝統的な空間をつくる、凄腕の職人たちの仕事に迫る。
ほかにも、職人たちの愛用する「道具」にも注目。
イラストレーター・マンガ家の死後くんが、職人の仕事になくてはならないマニアックな道具や材料を巡る「職人専用! ミラクル道具ツアー」や、染織家や能楽師、塗師やデザイナーたちが、愛用している京都生まれの道具を紹介するページも充実の内容だ。
気の遠くなるような月日の修練を重ね、超絶的な技を何世代にもわたって受け継いできた京職人の、ディープな世界へと案内する特集となっている。
そのほか11月号では、ヴォルフガング・ティルマンスの展覧会ロングレビューや、写真家・中平卓馬の追悼記事、オマー・ファストのインタビューなどを掲載。
【特集内容】
京都、究極の職人技
・菊池亜希子、能装束をつくる工房を訪ねる
・図解 職人技はどこにある?
・京職人Q&A
・鴻池朋子さんと訪ねる“ 神様の家”をつくる牧神祭具店
・見よ! 京職人の超絶技巧
 京表具師 中島実、箔押師 岡本正治、錺師 後藤正太
・職人専用!ミラクル道具ツアー
・京都の道具箱
〈鉋〉中川周士、〈吉野紙〉西村圭功、〈花鋏〉珠寳、〈杼〉吉岡更紗、〈扇〉林宗一郎、〈顔料〉嘉戸浩、〈茶筒〉猿山修
・京都の技の現在形
 白子勝之、山本茜、中尾美園、新宮州三、村田匠也
・コラム:工芸バージン世代の「新しい芸術運動」としての工芸
・伝統工芸おみやげリスト10
・京都の必見展覧会
……………………
「ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours」展
追悼 中平卓馬 小原真史=文
Artist Pick Up ケン・オキイシ
ARTIST INTERVIEW オマー・ファスト
————————————————————————
美術手帖11月号 10月17日(土)発売
定価 1600円+税
発行元 美術出版社
美術手帖公式サイト http://www.bijutsu.co.jp/bt/
購入はこちら→Amazon  http://amzn.to/1RJczJJ

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.