地球システム・倫理学会にて本学外国語学部教授と学生が登壇

11月2日、地球システム・倫理学会「第11回学術大会 一般財団法人京都フォーラム25周年+0G(ゼロ世代)産学共働フォーラム」にて、本学外国語学部の成瀬 猛 教授が「若者同士が創造する地球環境と共生社会~ ミクロネシア連邦ポンペイ島に於ける環境教育 ~」をテーマに登壇いたします。当日は学生も参加し「若者が作る未来への道」を唱えます。
日本人移民を関係の礎にもつミクロネシア連邦と日本。本学は今後その関係を堅持し、さらに現在ミクロネシア連邦が2006年に合意した国際公約「学生が考える学生による支援」をサポート推進するため、3年前よりPBLをベースに市井によびかける支援を行っております。
本学では地球システム・倫理学会の事務局も務めております。
【地球システム・倫理学会 第11回学術大会概要】
テーマ:「道」~ともに道をひらく~
日 時:平成27年11月2日(月)~3日(火)
会 場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)(大阪市北区中之島5-3-51)
共 催:地球システム・倫理学会 / 一般財団法人京都フォーラム
協 賛:京都大学こころの未来研究センター
HP:http://www.jasgse.com/taikai
地球システム・倫理学会は、人類史において未だかつてなかったような、見通しのつかない不穏な時代に突入し、人類と地球の未来を真剣に憂うる事態に直面している今、地球的問題群の解決に向かって、その原因、解決方法を総合的、学際的、倫理的、行動的に究明、共有、協働することを目的に2006年に設立されました。
【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園が開設されています。また留学生の受け入れも積極的に行われており、キャンパスには世界21の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。
平成28年3月には廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、様々な記念事業が予定されております。
【本件お問合せ先】
麗澤大学 入試広報グループ 担当:野村(のむら)
〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 TEL:04-7173-3030 FAX:04-7173-3585
Email:pr@reitaku-u.ac.jp  URL: http://www.reitaku-u.ac.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.