中国向け日本ECモールにコメ兵が正式加盟、本日グランドオープン

 日本最大級のリサイクルデパートを展開する株式会社コメ兵(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:石原 司郎、以下 コメ兵)は、SBIベリトランス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:沖田 貴史、以下 SBIベリトランス)が運営する中国本土の消費者に向けたECモール、『佰宜杰.com(バイジェイドットコム)』へ正式加盟、本日2009年4月27日よりECモール内での販売を開始すると発表した。 『佰宜杰.com(バイジェイドットコム)』は、オンライン決済ソリューションを提供するSBIベリトランスが運営する、銀聯カード(※1)での決済が可能な中国向けECモールだ。 バイジェイドットコムは、2009年1月26日のオープンから同年4月末まで、SBIベリトランス自身が出店者となり実証運用を行ってきたとのことだが、本日より加盟店各社が正式に加盟し、グランドオープンする。その加盟店の一つとして、コメ兵もモールでの販売展開を開始することになったという。 今回の発表に関し、コメ兵は次のコメントを寄せている「中国旅行者の来店者も増加しており、順調な売り上げを伸ばしています。これを機にさらに多くの中国人消費者に自社の商品を知っていただき、また、中国本土においても簡単に商品を購入していただきたいと思い、加盟を開始いたしました。」 また、コメ兵はバイジェイドットコム内での販売商品を時計からスタートし、出店環境が整い次第、その他商品も追随する予定とした。※1 銀聯カード銀聯カードは中国の銀行が発行するキャッシュカードに付与されたブランド(運営会社:中国銀聯※2)で、既に中国国内では約18億枚発行されている。また、来日するほとんどの中国人が所持しているカードだ。ATMネットワークでの利用だけではなく、小売店や飲食店等で主にデビットカードとしても利用されている。※2 中国銀聯中国銀聯は2002年に中国の中央銀行である中国人民銀行が中心となり政府主導で設立された、中国での銀行間決済ネットワーク運営会社だ」。中国国内でカードを発行している銀行は全て中国銀聯に加盟しており、国内・海外合わせて200以上の金融機関が銀聯ネットワークに参加している。佰宜杰.com(バイジェイドットコム)http://www.buy-j.com/SBIベリトランス株式会社http://www.veritrans.co.jp/株式会社コメ兵http://www.komehyo.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.