無料で使えるSEO担当者、マーケティング担当者向けのSEO管理プラットフォームがGyro-n(ジャイロン)シリーズに誕生

Gyro-n (ジャイロン)
Gyro-n SEO ( https://www.gyro-n.com/seo/ )
SEO対策は日々メンテナンスやチューニングを行い、その効果を検証してさらなる施策へとつなげるPDCAを効率よく回すことが重要でありながら、従来は多様なツールを使い分け、管理・作業が煩雑になる傾向がありました。
Gyro-n SEOは、SEO担当者が日々行うフロー、順位チェック、問題点の洗い出しと分析、施策、検証までの一連の流れをワンストップで行えるため、ツールを使い分ける手間を省き、必要な情報のみを効率的に分析・チェックすることを実現したSEOマネジメントプラットフォームです。◇◆ SEO担当者のための6つの機能 ◆◇
Gyro-n SEO ( https://www.gyro-n.com/seo/ ) はSEO担当者が必要とするすべての機能を備えています。 1.順位の変動を把握
検索ワード順位グラフ
自社サイトのキーワード検索順位(Google・Yahoo!・Googleスマートフォン検索)を自動で毎日チェックします。前日比の変動チェックはもちろんのこと、前日比だけでは分からない直近の順位の動きやトレンドを変動ミニグラフから一覧で確認できます。個別に下落注意のワード、上昇ワードなど把握でき、対策すべきキーワードを見極められます。
2.検索結果プレビュー
検索結果画面プレビュー
順位をチェックしているだけでは、SEO管理とは言えません。
同じウェブページでも、検索ワードによって検索結果の表示は異なります。 キーワード毎に、検索結果にどのように表示されているのか、また競合他社はどのように表示させているのかを把握し、自社サイトの表示内容をより魅力的に、よりユーザーニーズに近づけなければ、流入増加は見込めません。
Gyro-n SEOの検索結果プレビュー機能は、過去の検索結果もすべて記録されています。 どのタイミングで新しいサイトがランクインしてきたかなど検索結果の変化も読み取ることができます。3.競合比較分析
競合サイト比較画面
自社サイトとベンチマークしている競合サイトとのSEO順位比較を一覧で表示します。 競合サイトに対して、どのキーワードの検索順位が負けているか優劣を一目で把握できます。
競合サイトに負けているキーワードの順位アップはSEO対策最重要課題です。
また、競合サイトの順位変動もウォッチできるので、競合のSEO対策状況をしっかりマークできます。4.ページ分析
ページ分析画面
ウェブサイトの各ページの内部対策状況を把握できます。
内部対策としてチェックすべき項目をまとめて確認できます。
膨大なページ数を持つウェブサイトでは、各ページの最適化やチューニングは非常に困難です。 Gyro-n SEOのページ分析機能でウェブサイト全体の最適化を確実なものとします。5.テキスト分析
テキスト分析画面
ページコンテンツの文字数や単語数、キーワード含有率など、客観的に得られるテキストの情報に加え、見出しタグ(Hタグ)や強調タグが、正しい文書構造で記述されているかなどチェックできます。
競合サイトや上位サイトと比較し、よりページコンテンツを強化することに役立てることができます。6.流入パフォーマンス分析
流入パフォーマンス分析
SEOにより流入(自然検索・オーガニック検索)したページのアクセス解析データを表示します。
Google AnalyticsとGyro-n SEOとのデータを連携させることで、より効果的にSEO分析に利用できます。
検索上位に位置しているが、実際は流入に結び付いていないなど、対策キーワードが本当に意味のあるものかデータとして確認できます。◆◇ Gyro-n SEOの利用は無料から ◇◆
Gyor-n SEOは、登録するだけですぐに無料プラン(1サイト、10キーワード、1競合サイト)でのご利用開始となります。
サイト、キーワード、競合サイトの追加に際してはリーズナブルな追加オプションをご用意しております。
料金表: https://www.gyro-n.com/seo/price/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.