ファーを身近に感じられるIFFのキャンペーン『NOW 2015』がスタート!!

 この10月、国際毛皮連盟(IFF)は、ファーの魅力を幅広い世代に対してアピールするグローバルキャンペーン「FUR NOW 2015」を開始した。ある3世代家族をモデルとした映像とソーシャルメディアを活用したプロモーションを中心に、10代からシニア層にマッチするファーアイテムの選択を提案している。
 近年の目覚ましいファー加工技術の発達がもたらした鮮やかなカラーリングや、これまでにないボリュームを保ちながらも軽やかに着用できるアイテムが目に留まる。キャンペーンビジュアルの中にはメンズモデルも多く起用されており、ファーファッションが世代や性別に左右されない、誰にでもフィットし得るものであることが感じられる。
 今回のキャンペーンではオンラインショッピング機能を取り入れており、キャンペーンサイトを通じてのカタログ閲覧を可能とした。ファー産業を後押しするために設立されたオンラインショッピングプラットフォームサイト「Fur Bazaar」でアイテムをオーダーする事ができる。また、将来有望な若手デザイナーとして、ユスフ・カレム(トルコ。IFF主催のヤングデザイナーコンテスト「Remix 2015」グランプリ)、ジャンゴ・スティーンバッカー(オランダ)、レベッカ・ブラッドレイ(イギリス)の3名をプッシュしており、「Fur Bazaar」には彼らのデザインしたアイテムも出品されている。
 IFFのCEOマーク・オーテンは今回のグローバルプロジェクトについて、「昨年の『FUR NOW』はメディアとともにキャンペーンに踏み込む最初の機会となったが、今年はより洗練されていながらも従来と比べてファーを身近に感じられるコマーシャルなものとなっている。エレガントでいて今風のデザインやファッション性に溢れている」とコメントした。
 キャンペーンは年末まで続く。創立以来60年以上にわたりファー産業の支援活動を続けてきたIFFの新たな挑戦が始まった。
IFF(国際毛皮連盟)http://www.wearefur.com/
キャンペーンサイトhttp://www.thisisfurnow.com

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.