イギリスのブランド「Orla Kiely /オーラ・カイリー」から、ウォッチコレクションが日本初上陸。

 
 大人の可愛さを持つオーラ・カイリーのコレクションは、アレクサ・チャン、キーラ・ナイトレーなどのファッション・アイコンたちに愛され、またマドンナやテイラー・スィフトといったミュージックシーンの女王たちにも新しい印象を提供しています。Duchess of Cambridge(キャサリン妃)がオーラのコートをお召しのシーンはニュースで何度も紹介され、妃の上品な美しさを引き立てていました。
 オーラ・カイリーのクリエイティブな世界は1995年に始まりました。彼女の愛するパターン、カラー、素材感とリズムといった要素が、ひとつの世界として表現され始めたのです。見慣れたモチーフや形に独自のスタイルを与え、シンプルに表現するというオーラの天性のグラッフィック的才能が開花しました。ミッドセンチュリー・デザインへのノスタルジーと、モダンでスタイリッシュなデザインは、魅力的で心躍るスタイルとして、世界に受け入れられました。
 オーラのキャリアは、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート卒業後、ハロッズに依頼された小さなコレクションから始まり、ファッション、トラベル、ホーム、ステーショナリーとコレクションは成長してきました。今やオーラ・カイリー・ブランドは、英国、ヨーロッパ、アメリカそして日本でも知られ、多くの熱狂的なファンを得ています。
 現在、直営ショップはロンドンの最も有名な高級ショッピングエリアであるコベントガーデン、キングスロード、そしてNYのSOHOにあります。
 そしてこのたび、オーラ・カイリーのウォッチコレクションがデビュー致します。
 年に1度スイスで開催される腕時計世界最大の祭典BASEL WORLD2015で発表されたコレクションは、ブランドのもつ世界観を腕時計という小さな世界の中で余すことなく表現し、アパレルやバックとのマッチングもよく会場でも大きな話題を呼びました。
 ウォッチコレクションではブランドのアイコンでもあるフラワープリントや葉のモチーフをケースやストラップ、ダイヤルや針などディティールで表現しました。明暗のはっきりした配色やドーム型のレンズはまるでアンティークウォッチのような雰囲気をもっています。トレンドのボーイズサイズから日本人女性にも馴染みやすい小ぶりなケースまで揃うサイズのバリエーション、価格も手にとりやすい1万円台から揃います。
 日本ではこの秋より、TiCTACをはじめとした店舗で販売をスタート致します。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.