【時代を勝ち抜く経営戦略、働き方がここにある】『フェアトレード&エコロジー』のパイオニアとして業界をリード

■発展途上国に暮らす、経済的に恵まれない人たちが作った衣類などの製品を「おしゃれなファッションブランド」という評価に高め、ファッション業界に衝撃を与えたフェアトレードカンパニー。企業として目指すもの、エコに対する消費者の意識、働き方などについて話を聞きました。
▼インタビューはこちらです  http://www.bluejobs.net/wp/
 
■フェアトレードカンパニー株式会社プロフィール
1995年創業。『フェアトレード&エコロジー』をコンセプトに、衣料品を中心にしたフェアトレード商品を製造、販売する業界の草分け的存在の会社です。年商は8億7000万円(2014年)で、創業時の約30倍と右肩上がりで成長を続けています。
同社は発展途上国の経済的、社会的に立場の弱い人に収入を得る機会を提供し、生活改善と自立を目指す国際貿易の仕組み・フェアトレードを推進。現地の人々の生活水準を上げること、さらに周辺環境にも配慮した、環境にやさしいビジネスを目指しています。
現地の伝統技術を継承しながら、技術指導を行うことで、それまで品質的には今ひとつという評価だったフェアトレード商品を「おしゃれなファッションブランド」に格上げし、新しい方向性を打ち出し、ファッション業界でも注目を集めています。
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.