宮城県石巻市に震災後初の食品工場 本格稼働開始

 
 
三陸の幸を世界へ
水産物一次加工品を原材料とし、この石巻フーズ本社工場では、それらの2次加工を行い、製品、半製品として三陸沖の海産物をレストラン向けに加工し出荷を予定しております。
主にフィレ加工、干物、漬け魚、揚げもの、鮮魚加工など様々ニーズに対応が可能、
また、グループ会社の飲食店(暗闇坂宮下、レッドロブスター)のノウハウを生かした商品開発を行う事で、三陸の水産資源を生かした石巻ブランドを全国に浸透させていきます。
また、石巻フーズ本社工場最大の特徴としては、「新鮮をストック」するCAS冷凍の導入、今まで都市部では食べる事が出来ない素材を届け、価格が安い時期に鮮度の高い商品を仕入れるなど新たな可能性が生まれます。この事により、世界にむけて三陸の水産物のアピールが可能になります。
また、東日本大震災後初の食品工場として復興はもとより産業の振興と地域活性という大きな使命とし、宮城県、石巻市のサポートを受けていよいよ本稼働致します。石巻をISHINOMAKIへ ~石巻フーズ 誕生の思い~
我々が石巻という地にご縁をもったのは、震災直後、知人と共同で現地に入り、復興支援物資を提供したことから始まりました。震災直後は、本当に、本当にひどい状況であったと今でも思い起こされます。「この石巻で何かをしなくてはいけない!」と強く考えることのきっかけになりました。事業を立ち上げた目的は「地域の復興」です。そのためには、「石巻に産業と生活がある。」事が必要であると考えました。
三陸沖の豊富な水産物があり食品製造を行う上で非常に恵まれた地域です。この水産物を世界に向けてアピールしていきたい。
人を育て、物を育て、私たちも一緒になって育ってゆく環境を構築し、食に関して、食材に関して、食品加工に関して、「健康とは何か」「食べることとは何か」をこの石巻の地で考えます。
日本一の魚種が存在するこの石巻で、日本中、世界中の人々に美味しく食べてもらう水産加工品を作り、石巻から、我々が自信を持って作った加工食品を、日本国内に、東南アジアに、ヨーロッパに、アメリカに、世界に向けておくります。
私たち石巻フーズは、地域に根ざした企業活動を目指します。石巻に生活の基盤を確立することを目標としています。復興とは「そこに生活がある」事であると考えています。そのお手伝いが出来る事を非常なる喜びと感じています。
株式会社石巻フーズ ホームページ
 http://www.is-foods.co.jp/
式典名:株式会社石巻フーズ本社工場竣工式
日   時:平成27年 12月 7日(月)11:00
場  所 :第一部 石巻フーズ 本社工場 : 宮城県石巻市魚町2-6-1
      第二部 石巻グランドホテル : 宮城県石巻市千石町2−10
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社セリュックスホールディングス
企画広報部 大沢、中村
TEL: 03-5418-7561  E-mail : koho@celux.co.jp

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.