今年の年賀状には、あの人の心を震わす一筆を。ベストセラー作家が初めて明かした、人生を変える手紙の書き方

 
。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚
書 名:たった一通の手紙が、人生を変える
著 者:水野敬也
価 格:1,350円+税
頁 数:236頁
判 型:四六判並製(130mm×190mm)
ISBN:978-4-905073-28-4。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚◆ 手紙で人生を動かした作家、水野敬也の手紙術
 『夢をかなえるゾウ』などのベストセラーで知られる水野敬也氏は、初著作「ウケる技術」を書いた当時は、無職で何も実績として誇れるものはない状態でした。
 そのような状態にもかかわらず、初めて出す書籍の帯を、会ったこともないのに大物有名人に書いてもらおうと考えました。
 そのとき、水野氏がとった行動こそが、手紙でした。
 水野氏はこれまでも、重要な局面や、一緒に仕事をしたいと思った人、仲良くなりたいと思った人には手紙を送ってきました。その際、どうすれば受け取った相手の心を動かせるのか、誰よりも考えて書いてきたのです。その結果、仕事に結びつけることに成功し、数々の共著や映画の脚本への進出など仕事の幅を広げていき、水野氏自身が手紙で人生を大きく変え続けてきました。
 そんな、長年蓄積してきた「夢をかなえる手紙」の書き方を余すところなく教えてくれる一冊こそ、『たった一通の手紙が、人生を変える』なのです。◆ SNSの時代だからこそ、「直筆の手紙」がこんなに効く
 デジタルポスト株式会社が2013年12月5日に発表した調査によると、年収が上がれば上がるほど1日にメールを受け取る数が増え、年収800万以上になると1日に30通以上メールを受け取る人の割合が最も多いのですが、一方で手紙を1日で受け取る数は年収に関係なく、1通もない割合が最も多いことがわかりました。
 SNSやメールの時代だからこそ、直筆の手紙を受け取るということ自体が珍しいため、その分印象に残り、また逆に、きちんと見てもらえる可能性が高くなるといえます。
 メールやLINEなどのSNSのコミュニケーションが発達している時代だからこそ、逆にアナログな手紙の重要性が今まで以上に再認識され、また、手紙のコミュニケーション力が必要とされる時代になると思います。
 みなさんは、年賀状にいつも「一筆」メッセージを入れていますか? 「毎年あの一言を考えるのが結構苦痛なんだよね」という方もいるかもしれません。でも今年は、本書を読めば大丈夫。
 相手が何に喜ぶのかが目に浮かぶようになってくるので、いつもと違った感覚で、楽しみながらメッセージを書くことができると思います。◆ ガンジー、夏目漱石など、偉人の手紙には何が書いてあったのか?
 本書では、ガンジーがヒトラーに送った手紙、夏目漱石が借金依頼を断った粋な手紙、スティーブ・ジョブズの感涙必至のラブレターなど、あの偉人が書いた、手紙も掲載しています。
 きっと「手紙っていいなあ」と思うとともに、「手紙って、思ってたよりすごいツールだ」と感じるはずです。
 本書は、表向きは手紙の技術について書かれていますが、文章の技術はもちろんのこと、相手への気遣いやサービスの本質を学ぶための本だと言えます。これまで何気なく使っていた「手紙」は、本書を読むことで、あなたの考え方や生き方に深く影響を及ぼす最高のツールとして成長します。
 文章は、会話と違って、一人で何度でも書き直すことができます。ですから誰でも、偉人の書いた手紙のように、人の心に残る素敵な手紙を書くことができるのです。。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚第0章
文章を書く上で一番大切なこと
『お世話になった人へのお礼状』第一章
最初の一文で相手の不安を解消する
『仕事依頼の手紙』第二章
自分を喜ばせるのではなく、相手を喜ばせる
『抗議の手紙』第三章
肉親を「お客さん」として扱う
『親から子への手紙』第四章
相手の信用を得るために、礼儀を
「最低限」おさえる 『手紙の礼儀作法』第五章
儀礼的な手紙こそ、相手を尊重する「ひと手間」を
『年賀状』『暑中・残暑見舞い』『お中元のお礼状』第六章
「あなたのファンです」は相手へのサービスにならない
『ファンレター』第七章
難易度の高い依頼では、「誠実さ」と「自信」を伝える
『お金の援助を依頼する手紙』『著名人に会うための手紙』第八章
相手の要求を断りつつ、嫌われない方法
『断りの手紙』第九章
手紙におけるユーモアは「愛嬌」をマスターする
『お見舞いの手紙』第十章
相手の怒りの矛先をすべて想像する
『謝罪の手紙』第十一章
パートナーへの手紙は「永遠の愛」を言い換える
『ラブレター』第十二章
手紙に隠された、人生を変える力
『感謝の手紙』最終章
最高の手紙を書き続けるために、エゴではなく愛を選ぶ
『遺書』。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚水野敬也(ミズノケイヤ)
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。
著書に『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』『人生はニャンとかなる!』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』がある。また、恋愛体育教師・水野愛也としての著書『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、講演DVD『スパルタ恋愛塾』や、DVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手掛けるなど活動は多岐にわたる。
公式ブログ「ウケる日記」http://ameblo.jp/mizunokeiya/
Twitter アカウント @mizunokeiya。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✰゚

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.