新年を迎える前に確認しておきたい!仏壇のお掃除の仕方  

仏壇のお手入れのしかた
① 事前に仏具を仏壇の外によけておきます
 
掃除の際に落として傷をつけてしまわないように、中の仏具を取り出しておきます。
仏具は、研磨剤でみがいた後、清潔な布やブラシで彫の奥まで油気を十分にとり去っておくことが大切です。
ガラスや陶器の仏具は食器と同じように洗ってください。
② 毛バタキで、お仏壇全体と内部のごみやほこりを払います
③ 柔らかい布で“ぬり”の部分をやさしく拭きます
仏壇は木製ですので、力を入れると細かい傷がつきます。傷がつか ないように優しく汚れを拭き取ってください。水拭きをしすぎると艶がなくなるので、普段は乾拭きで良いですが、年末の大掃除や汚れがひどいときなどは、中性洗剤を水で薄めたものを布に浸して水拭きします。仏壇に湿気は大敵なので、水拭きをした後は必ず柔らかい布で乾拭きをします。
④ 金箔や漆の部分の汚れは毛バタキなどで優しく払います
 
金箔を使用している仏壇の場合、金箔ははがれやすいので触らないようにし、軽く毛バタキで埃を払う程度にとどめます。
また、漆を使用している部分への水拭きは避け、清潔な柔らかい布で拭くか、毛バタキを使用します。
位牌の汚れをふき取る場合には、札の部分を持つと指紋がつくので位牌の横や下部を持って柔らかい布で拭きます。
 
◆公式Youtubeで「仏壇のお手入れ方法」を動画でご紹介中!◆
 
「仏壇のお手入れ方法」「仏壇の飾り方」「正しいお墓参りの仕方」「お墓の選び方」など、仏事に関するお役立ち情報を動画で詳しく紹介しています。動画は下記のURLからご覧いただけます。
URL(https://www.youtube.com/user/ohnoyacojp/videos)
 
仏壇のリフォーム
年末のお掃除の機会に、仏壇の傷やひどい汚れ、古くなって傷んだ箇所などが目に付くこともあるかと思います。
大野屋では、仏壇のリフォームも承っております。単なる表面だけの汚れ落としではなく、国産仏壇メーカーの専門工場にて解体、部品ごとの洗浄・修理・塗装を施します。長年溜まった汚れや傷を取り除き、お客様の大切な仏壇を美しくよみがえらせます。
◆大野屋の「お仏壇のリフォーム」の特徴◆
・仏壇専門スタッフがご自宅までお伺いし、採寸、汚れ・破損箇所の確認、お見積りからお引き取り、納品まで責任をもって行います。
・製造本数日本一の国産仏壇メーカー「アルテマイスター」※の経験豊富な職人の手により部品一つ一つを丁寧に解体、洗浄、修理、塗装します。
・製造元問わず、全てのお仏壇を承ります。
※「アルテマイスター」とは
アルテマイスターは、明治33年の創業より1世紀を超えて宗教用具の製造から販売まで手がける国内唯一のお仏壇
メーカー。製品づくりは原木の買い付けから始まり木地加工や組み立てまで自社工場で行っております。
 
大野屋ではこのほかにも、仏壇の修理やクリーニング、お焚き上げ、お手入れグッズの販売も行っております。
◎大野屋の仏壇に関するサービス (http://www.ohnoya-buddhist.com/services/)
◎大野屋Web Shop (http://www.ohnoya-webshop.com/fs/ohnoya/c/08-10)
―メモリアルアートの大野屋の仏事相談(無料)/情報提供について―
◎仏事の相談窓口「大野屋テレホンセンター」TEL:0120-02-8888(年中無休9:00~20:00)
◎「メモリアルアートの大野屋HP」(http://www.ohnoya.co.jp)
→「仏事まめ百科」、「仏事Q&A」(よくある質問と回答をご紹介)
◎「メモリアルアートの大野屋 Facebook」(http://www.facebook.com/ohnoya)
<仏事アドバイザー 川瀬 由紀(かわせ ゆき) 37歳>
 
早稲田大学卒業後、2002年にメモリアルアートの大野屋に入社。現在、「大野屋テレホンセンター」所長として、年間5,000件を超える相談・お問合せに対し、豊富な仏事知識と相談者の視点に立った的確なアドバイスを送っている。2013年には著書「お葬式・法要のQ&Aハンドブック」(主婦と生活社)を発行。ラジオ日本「マット安川のずばり勝負」にレギュラー出演、髙島屋カルチャースクール講師を勤めるなど、多方面で活躍。その他、メディアへの出演・アドバイス、書籍の監修も多数。お墓ディレクター1級、仏事コーディネーター資格を保有。
===========================================================
メモリアルアートの大野屋は、1939年に石材店として創業以来75年以上にわたり、
お葬式、お墓、手元供養、無料仏事相談など、仏事に関する総合サービスを提供しています。
===========================================================
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.