定年世代のお金の不安はこれ一冊で解決!“あと30年”の人生設計を夫婦で考える『定年後のお金と暮らし2016』発売

 
 定年世代の人たちが老後を豊かに過ごすためには、貯金と退職金、年金だけでは不安があることでしょう。消費税増税、社会保障費の抑制などに加え、親の介護、自身の病気などにも備えなければいけません。話題の「下流老人」も、決して対岸の火事ではないのです。できることは、まず限られた「入るお金」を増やすことです。本書では、人気FP深野康彦さんによる「退職金運用特性診断」で、自分の状況や性格に合った投資・運用スタイルをチェックすることから始めます。大金を手にして浮き足立ち、人にすすめられるままよく吟味せず金融商品を買うなど、もってのほか。堅実に、確実に増やす方法をマスターしてください。また、「年金&保険」を損せずしっかりもらう方法や、定年後生活に重大な影響を及ぼすマイナンバー、再就職、災害、介護などについて解説した「老後10大リスク」、住宅ローン返済法など、家族が幸せに暮らすための「住まい」を徹底解説。特集では「年収1000万円でも安心できない」という下流老人の回避術を、ベストセラー『下流老人』(朝日新書)著者・藤田孝典さんや人気FP藤川太さんが指南します。「空き家問題対策」「親の不動産の相続法」などの不動産相続最新ノウハウもまとめました。『日本経済 黄金期前夜』を上梓したばかりのテレビでおなじみのエコノミスト、第一生命経済研究所の永濱利廣さんの「景気の読み方」もあり。家計の振り返りと、老後のライフプラン、マネープランを設計して不安を解消する足掛かりになる一冊です。
【書籍概要】
週刊朝日MOOK『定年後のお金と暮らし2016』
定価780円(税込)、A4判変型、132ページhttp://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17625

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.