港湾空港技術研究所が研究成果を発表

港湾空港技術研究所が研究成果を発表

 独立行政法人港湾空港技術研究所(所在地:神奈川県横須賀市、理事長:金澤 寛、以下 港湾空港技術研究所)は、自然に近い状態を再現する大型水槽でアマモの生育実験をすることで、アマモの葉は高い水温下で早く枯れてしまうという現象を突き止めたと発表。 これまでも、高い水温はアマモの生育によくないことが分わっており、今回の発見は海洋・水工部(部長:平石 哲也)の細川 真也研究官・桑江 朝比呂チームリーダーにより今回の現象を突き止めたという。 また、港湾空港技術研究所によると、「今回の知見は、将来の地球温暖化によって、アマモ場が衰退する可能性があることを示唆しています。アマモ場は、魚などに棲家や食べ物を提供し、沿岸生態系において重要な役割を担っており、近年は、失われたアマモ場を回復させる活動が全国的に活発となっています。今回の成果は、地球温暖化が自然回復への努力の足を引っ張り、アマモ場回復には地球温暖化の影響も考慮する必要があることを意味しています。」としており、地球温暖化がもたらす未来の姿を映しているという結果となっており、アマモの衰退を危惧している。こういった現状を踏まえ、大きな課題の前によりスピーディーにCO2の排出などを食い止めなくてはならないようだ。【研究の背景】アマモは、海に生育する顕花植物の一種で(図1)、沿岸域の生態系において動物の棲家を提供したり、食べ物を提供したりするなど、重要な役割を担っています。アマモは、北半球に広く分布しますが、戦後の経済発展に伴い、東京湾などで著しくアマモ場が衰退しています。現在では、行政機関やNPOなどによるアマモ場の回復が試みられるなど、市民にも身近な存在として定着しています。アマモ場が衰退した理由としては、水質の悪化による光の減衰や底質の変化などさまざまな要因が考えられています。また、他の要因などもアマモ生育に影響していると考えられますが、実海域では、多くの要因が複合的に関ってくるため、要因と生育に及ぶ影響を特定することが困難でした。 なお、本研究成果は欧州科学誌Oikos誌に掲載されているとのことだ。【研究手法と成果】港湾空港技術研究所では、実海域に近い条件でアマモを生育させることが可能な水槽を造り(図2)、ここで一年以上かけてアマモの生育状態を観察しました。実験では、強い影響を及ぼすことが明らかとなっている光と地球温暖化により大きな変化が想定される水温に焦点を当てました。この結果、光の変化よりも水温の変化の方がアマモの葉寿命に強く影響し、葉寿命と水温の間に強い直線関係があることが明らかとなりました(図3)。夏の高水温期には葉寿命は、冬の低水温期に比べて半分程度になります。【結果の意義】葉の寿命が短くなるという事は、葉の枚数が減ることとほぼ同義です。植物にとって、葉は光合成を行う器官であり、その枚数が減ることは生育が困難になることを意味しています。今回の知見より、地球温暖化や海流の変化が日本沿岸域の水温上昇を引き起こせば、アマモのような海草が日本に生育しにくくなることが考えられます。また、アマモ場を利用している動物にとっては、棲家や食べ物を提供する場を失うことになり、生態系にも大きな影響が生じると予想されます。論文掲載※論文タイトル:Increasing temperature induces shorter leaf life span in an aquatic planthttp://www.wiley.com/bw/journal.asp?ref=0030-1299http://www3.interscience.wiley.com/journal/120120951/issue独立行政法人港湾空港技術研究所http://www.pari.go.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.