Applieファンドを利用したアプリ開発の第一弾として、面白法人カヤックとmixiアプリ「ミクモン」を対象にしたファンド組成とサービス提供に関するお知らせ

 ngi group株式会社(本社:東京都目黒区、代表:金子 陽三)は、ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:小松 真実、以下 MS社)と提携し、アプリ等の開発者への資金提供や販売支援のプラットフォーム「Applie(あっぷりぃ)ファンド」の提供を開始していた。今回、Applie(あっぷりぃ)ファンドを利用したアプリ開発の第一弾として、株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表:柳澤 大輔、貝畑 政徳、久場 智喜、以下 面白法人カヤック)が企画・開発するmixiアプリ「ミクモン」についてファンド組成を行うとともに、ミクモンのサービスを提供すると発表した。 ngi group株式会社では、iPhoneアプリやmixiアプリなどの次世代インターネット向けにアプリ等の開発を行う個人やベンチャー企業などに対し、開発促進などを目的とする資金提供や販売支援のプラットフォーム「Applieファンド」の提供を、MS社の協力のもと開始している。 一方、面白法人カヤックはこれまで絵の測り売りオンラインショップ「ART-Meter」や音声のコミュニティサイト「こえ部」などオリジナルのWebコンテンツや、自社受託あわせて100種類以上のブログパーツを提供しており、そこで得たバイラルを生むアプローチ手法やコンテンツ企画のノウハウを生かし、オリジナルアプリの開発だけではなく、商品のプロモーションやブランディングにソーシャルアプリの活用を考えている企業へのアプリの企画提案・制作も行っているとのこと。 こうした中で、面白法人カヤックが新たに企画・開発するmixiアプリ「ミクモン」において、ngi group株式会社がMS社と提供するApplieファンドを通じて開発資金調達やサービス提供等を行い、ユーザーにも投資家としてプロジェクトに参画してもらうことが、よりよいコンテンツ作りには最適であると双方で合意し、「ミクモン」を対象としたファンド組成及びアプリの開発・提供を行うことになったとのこと。 今後、Applieファンドのサイトで本件に関する情報発信を順次行っていくとともに、8月下旬ごろを目途に同サイトからMS社を通じファンド募集を開始する予定であるとした。 今後の見通しとして、Applieファンドでは今回の「ミクモン」を皮切りとして、数多くの意欲的なアプリ開発事業者とともにファンド組成、アプリ提供を行っていく予定であり、当期においては20件程度、来期につきましては100件程度のApplieファンドを通じたアプリ等の開発・提供を行っていく予定としている。Applie(あっぷりぃ)ファンドhttp://fund.applie.net/ART-Meterhttp://www.art-meter.com/こえ部http://koebu.com/ミュージックセキュリティーズ株式会社http://www.musicsecurities.com/株式会社カヤックhttp://www.kayac.com/ngi group株式会社http://www.ngigroup.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.