茨城県とadingo、検索サービスおよびリスティング広告に関する業務提携を行った

 茨城県(県知事:橋本まさる)と、リスティング広告 ※1の導入支援を行なう株式会社adingo(東京都渋谷区、代表:古谷 和幸、以下 adingo)は2009年8月10日、茨城県サイトの検索サービスおよびリスティング広告に関する業務提携を行ったと発表。これにより茨城県は、adingoが提供する検索エンジンを利用し、サイト内および検索結果ページにオーバーチュアのリスティング広告を掲載することができるようになった。また、都道府県サイトにおいて、オーバーチュアのリスティング広告を導入するのは、茨城県が初めての例となる。 これまで茨城県サイトでは、サイト上にバナー広告を掲載していたが以下の点からadingoと業務提携をし、リスティング広告の導入を決定したという。(1)表示される広告は文字情報のため、サイトの統一感を損なわない点。(2)不適切な広告を排除することができる点。(3)関連した広告が掲載されるため、高い収益性が期待できる点。(4)検索エンジンの導入費用がなく、運用、管理も容易である点。(5)adingoが提供する検索エンジンは、国内で最も利用率の高い 「Yahoo! JAPAN」と同様である点 ※2。 今回の発表に関して茨城県は、国内で最も多く利用されている「Yahoo! JAPAN」と同様の検索エンジンを導入することで、サイトの利便性を向上させるとともに、リスティング広告による新たな財源を県政に有効活用していくとした。 また、adingoは今後も、これまでの200社220サイトにおよぶリスティング広告の導入支援実績をもとに、現在インターネット利用者の9割以上が利用し、1日5回以上利用するユーザーも4割を超える検索サービスを通して ※3、パートナーのサービスの成長をサポートしていくとした。※1 リスティング広告検索連動型広告(検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告)および興味関心連動型広告(インターネットユーザーが過去に閲覧したり検索したページの内容に応じて、最適な広告を掲載する広告)。※2 デジタルワールド利用動向調査のリーディングカンパニー、comScore(コムスコア)の検索エンジン利用に関する調査結果によると、日本で最も利用率の高い検索エンジンは前年同期比13%増の約35億回である「Yahoo! JAPAN」(2009年3月発表)。※3 参考「インターネット白書2008」茨城県http://www.pref.ibaraki.jp/株式会社adingohttp://adingo.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.