未来予想とゼネラルヘルスケア、医療機関向け『増患事業』で業務提携

 総合インキュベーション事業を展開する未来予想株式会社(本社:東京都港区、代表者:代表取締役CEO 矢田 峰之、以下 未来予想)は、医療情報革命を企業理念とするゼネラルヘルスケア株式会社(本社:東京都文京区、代表者:代表取締役:竹澤 慎一郎、以下 ゼネラルヘルスケア)と、医療機関向けにWebを中心とした広報コンサルティングサービス分野において業務提携に合意したと発表。 現在、日本の医療・薬事業界は、一般企業に比較して安全性、社会性、医療倫理から、「広告・宣伝」は厳しく規制されているため、「広告・宣伝」ではない「広報」を積極導入することが、口コミを誘発させ、自院のことをよく理解してもらうことにつながるという。一方、医療機関全般において、「広告・宣伝」と「広報」の違い・ノウハウを知るきっかけが少ないために、「広報」を正しく活かすことができず、特徴的な技術や社会への活動をアピールできていないという実情があるとのこと。 未来予想は、企業の広報活動を支援するプレスリリース配信代行事業「@Press」という仕組みを有しており、経営コンサルティング事業を通じた事業戦略・広報コンサルティングサービスを展開し、医療クリニック等の医療機関に対して「仕組み+サービス」による広報支援実績を蓄積している。 また、ゼネラルヘルスケアでは、医師のための情報サイト「Medister」の運営を通し、医療従事者の情報流通促進と患者サービス向上を積極的に展開している。 今回の業務提携は、ゼネラルヘルスケアが保有する医療関係機関に対して、未来予想の広報サービスを提案していくことで、広告が扱いにくい医療・薬事業界の増患・集患サービスを推進していくものとのこと。 また、本業務提携に基づき、ゼネラルヘルスケアが運営する「Medister」のサイトや学会配布冊子等において、医療機関における広報活動の認知度向上・増患対策の実現を追求していくとしている。なお、本提携に関しましては、本サービスを今年度中に50程度の医療機関への導入を見込むとした。Medisterhttp://www.medister.info/ゼネラルヘルスケア株式会社http://www.ghjapan.jp/未来予想株式会社http://www.miraiz.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.