業界初!ハリウッドエージェントジャパンが、“クリエイター視点”にこだわったセレクトショップ型人材紹介を開始

 クリエイター支援企業であるハリウッドエージェントジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:水田 裕教、以下 HLYWD)は2009年8月18日、「クリエイター×正社員×セレクト企業」をテーマにした、新コンセプトの人材紹介サービスを開始したと発表。 HLYWDは、代表取締役である水田 裕教(元デジタルハリウッド株式会社 執行役員)を中心に、1,500名を超える就職支援実績を持つクリエイター専門エージェント経験者により設立された企業だ。 今回発表した人材紹介サービスでの対象職種は、「Web系」「CG映像系」「グラフィックDTP系」の3カテゴリーとし、クリエイターのキャリア構築の観点から、人材派遣ではなく正規雇用を前提とした人材紹介を行うというもの。 不況下でも、ITクリエイティブ技術職の人材は必要とされている一方、クリエイターは、個性的で良質な環境を求める傾向が強まっているという。これを踏まえHLYWDは、求人案件を独自の基準で審査した「セレクト企業」に特化し、クリエイターの応募促進・就業満足度の向上を第一に考えた企業への人材提供を実現するとしている。 HLYWDでの就職活動は、企業から依頼があったすべての求人を扱う既存の就職システムとは異なるとし、クリエイターの視点に立って「企業がクリエイターや会社づくりに対してどんな考えを持っているか」、「見た目と性格」をもとに就職企業選びを行っているとのことで、本当にやりたい仕事や理想的な職場環境をサポートしてくれることを示唆している。 また、HLYWDでは未経験者支援にも力を入れており、教育機関(クリエイター養成スクール・専門職大学・専門学校)との連携による就職課機能の代行、クリエイティブ・メンター制度、未経験者支援金制度など、新たなクリエイターの誕生にも力を入れているとのことで、新しい分野への挑戦を全面的にサポートしてくれそうだ。これを機会に、この先にあり方を考え直してみるのもよい機会かもしれない。ハリウッドエージェントジャパン株式会社http://www.hlywd.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.