バイコム、植物の撮影に最適な『GardenWatchCam』と、野鳥の撮影に最適な『BirdWatchCam』の2機種を新発売

バイコム、植物の撮影に最適な『GardenWatchCam』と、野鳥の撮影に最適な『BirdWatchCam』の2機種を新発売

 株式会社バイコム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:行方 伸介、以下 バイコム)は、利用者が設定した時間間隔で撮影を行い、植物の成長などを動画で記録する『GardenWatchCam(ガーデンウォッチカム)』と、撮影エリアに入ってきた野鳥を自動で撮影する『BirdWatchCam(バードウォッチカム)』(いずれも米国Brinno社)の日本での販売を9月3日より開始すると発表した。 『GardenWatchCam』は、1.3メガピクセルのCMOSカメラを搭載しており、1分から24時間までの6パターンの設定間隔で自動撮影を行うというもの。AVI形式にて保存されるため、撮影した植物の成長変化を動画として見ることが可能だ。また、撮影距離の設定が2種類あるため、植物の成長のような接写だけでなく、雲の動きや建物ができる様子なども撮影でき、ゆっくりと変化するさまざまな光景の記録に最適としている。 撮影した画像は、付属のUSBメモリー(2GB)の場合、約18,000枚(JPEG形式にて換算)の写真を保存することができ、市販のUSBメモリーは、最大で8GBまで対応している。本体は単3形アルカリ乾電池4本で約6ヶ月作動 ※1可能だ。 『BirdWatchCam』は、これまで警戒心の強い野鳥を撮影するには、高倍率のレンズを用意し、根気よくその場で待機していなければならなかったという。しかし『BirdWatchCam』は、1.3メガピクセルのCMOSカメラにモーションセンサーを搭載しており、撮りたいところに向けてカメラをセットしておくだけで、センサーが反応すると約20枚の連続撮影を自動で行われるとのこと。また野鳥だけでなく、犬や猫などペットの普段見せないかわいい表情や決定的瞬間を撮るのにも最適だとしている。 撮影した画像はJPEG形式で、付属のSDカード(2GB)の場合、約18,000枚の写真を保存することができ、市販のSDカードは、最大で8GBまで対応しているとのこと。本体は単3形アルカリ乾電池4本で約6ヶ月作動 ※2するとしている。 これらBrinno社製カメラ2機種、『GardenWatchCam』と『BirdWatchCam』は、すでに米国では、多くのお客に愛用されている。またバイコムでは、あわせて年間3,000台の販売を目標としており、初めは同社が運営するECサイト『バイコムオンラインストア』と、ビックカメラ各店から販売を開始し、順次拡大していく予定とした。※1 1時間に1枚撮影の場合※2 撮影頻度により異なるバイコムオンラインストアhttp://bicom.kw.shopserve.jp/株式会社バイコムhttp://www.bicom-j.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.