NINJA KYOTO Restaurant&Labyrinth(忍者京都迷宮殿)が、9月19日(土)全国ロードショーの映画「カムイ外伝」との期間限定タイアップ決定

NINJA KYOTO Restaurant&Labyrinth(忍者京都迷宮殿)が、9月19日(土)全国ロードショーの映画「カムイ外伝」との期間限定タイアップ決定

 株式会社NBK(所在地:東京都文京区)が運営する「NINJA」をテーマにしたレストラン、NINJA KYOTO Restaurant&Labyrinth(忍者京都迷宮殿)が、9月19日(土)全国ロードショーの映画「カムイ外伝」と期間限定でタイアップすると発表した。 NINJA KYOTOでは、全国ロードショーの映画「カムイ外伝」の公開を記念して、店頭でのPOP展示、リーフレット配布など映画「カムイ外伝」を宣伝していくというもの。また、NINJA KYOTOのスーベニール・ショップ「忍者土産物処」では、選りすぐりのカムイグッズを販売し、前売鑑賞券も取り扱う予定としている(販売開始日は未定)。 NINJA KYOTO Restaurant&Labyrinth(忍者京都迷宮殿)は、254席のテーマ・レストラン、テイクアウトブースも備えたクリエイティブ・スウィーツ・カフェ、暗闇の中を忍者灯を頼りに潜り抜ける忍者迷宮アトラクション、そして、忍者、戦国武将のテーマグッズなどを取りそろえた土産物処など、従来のNINJAとは一線を画す話題満点の構成だ。 同店のほか、NINJA AKASAKA(東京・赤坂見附)、NINJA NEW YORK(マンハッタン・トライベッカ)も営業しており、夜の楽しみ方を知る大人たちのエンターテインメント・レストランとして、また機密の会話を運ぶ格好の隠れ家として利用されている。 NINJA KYOTO Restaurant&Labyrinth(忍者京都迷宮殿)の特長は、リーズナブルな3種のコースからアラカルトまで、感動と仰天のメニューを用意。東京・赤坂、ニューヨークのNINJAで絶賛される定番的メニューをカジュアルにアレンジ。感動と仰天のクリエイティビティと美味しさはそのままに、リーズナブルな価格設定のメニューをラインナップしているとのこと。 全国ロードショーの映画「カムイ外伝」は、白土三平、伝説の忍者コミック「カムイ外伝」が、崔洋一監督の手により、ついに実写映画化、9月19日(土)より全国ロードショーがスタートする。 脚本・宮藤官九郎、主役のカムイに松山ケンイチ、ヒロインのスガル役に小雪、さらに伊藤英明、佐藤浩市、小林薫といった主役級の実力派俳優たちが演じる忍者ファンならずとも必見の作品だ。これを機会に、忍者に出会ってみるのも面白いかも?株式会社 ヴィア・ホールディングスhttp://www.via-hd.co.jp/via/株式会社グラフィクスアンドデザイニングhttp://www.gandd.co.jp/株式会社NBKhttp://www.kitanokazoku.jp/top/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.