市販用フライドポテトのトップブランド「オレアイダ」25周年記念アンケート調査結果を公開

 冷凍フライドポテトのトップブランド「オレアイダ」 ※1は今年、日本上陸25周年を迎えるという。この25周年を記念して、全国の子どもを持つ主婦824人に対してフライドポテトに関する意識調査を行い、「フライドポテトにあったらいいなと思う、夢の味付けは?」という質問に対しての回答をもとに、1位から20位までのランキングを発表した。 フライドポテトの夢の味付け、第1位に輝いたのはチーズ味。一言に“チーズ”といってもチェダーチーズやとろけるチーズ、粉チーズ、カマンベールチーズ、ゴルゴンゾーラチーズなど、バラエティーに富んだチーズ味はやはりフライドポテトには欠かせない永遠の味なのだろうかと担当者は推測している。 第2位はカレー味。個性の強い独特の味だが、何にでも不思議とマッチしてしまうカレー味が堂々の2位。「熱々のフライドポテトには最適な味付け」という声もあがったとのこと。また、第6位にはチリソース味、第16位わさび味、第19位キムチ味、と辛い刺激的な味がランクイン。辛いもの好きが非常に増えた昨今、ピリリとした味を好む方が多いようだ。 第3位は胡椒味。第17位にランクインされている王道の塩味を大幅に上回る胡椒人気。第20位にもゆず胡椒味がランクイン。胡椒味と共に第4位のガーリック味を混ぜて楽しみたいという声も多数あったとのこと。 第5位はマヨネーズ。流行語とも言われた“マヨラー(マヨネーズ愛好者)”がいまだ多いようだ。マヨネーズ味にも「わさびマヨネーズ」や「マヨネーズ醤油」など、別の味と組み合わせたマヨネーズ味が好きな方も多数いたとのことだ。 上位20位内で、醤油や、海苔、梅、わさびなど和風の味付けが7つあがったとのことで、これはフライドポテトが日本人の食生活に非常に浸透した傾向といえるのではないだろうか、としている。 また、ランキング外には、リンゴ、オレンジ、バナナ、メロンなどのフルーツ系の味付けや、あんこ、カスタードなどの甘い味付け、ステーキ、ハンバーグ、ねぎ塩など肉系の味付けも多数あがるなど、大変面白い結果となったとしている。※1 オレアイダはHJハインツ社が保有する市販用冷凍フライドポテトのブランド。【すべてのランキング結果】1位  チーズ                       438票2位  カレー          392票3位  胡椒           349票4位  ガーリック         340票5位  マヨネーズ          289票6位  チリソース                268票7位  コンソメ                      256票8位  醤油                           249票9位  海苔                           231票10位 ケチャップ                 213票11位 バーベキュー            196票12位 梅                              163票13位 バター / 明太子         141票14位 バター醤油                137票15位 バジル                       134票16位 わさび                        124票17位 塩                               123票18位 ソース                        102票19位 キムチ / チョコレート 93票20位 ゆず胡椒                   90票オレアイダ25周年記念サイト公開中http://www.oreida.jp/ハインツ日本株式会社http://www.heinz.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.