旭川ラーメン「蜂屋」、9月19日に神楽坂店オープン

 昭和22年の創業から伝承される、旭川ラーメン「蜂屋」(株式会社蜂屋本社:北海道旭川市、代表取締役:加藤 直純、以下 蜂屋)は、新横浜ラーメン博物館店オープンから10年、今回8月30日をもち、ラーメン博物館を卒業し、この卒業を機に東京の神楽坂にて、9月19日に新規オープンさせると発表した。 蜂屋は、動物系と魚介系の「ダブルスープ」の先駆者であり、自家製の「焦がしラード」独自の味がクセになる、旭川を代表するラーメン店だ。 蜂屋の歴史は戦後直後にさかのぼり、昭和21年、創業者の加藤 枝直は蜂蜜を使ったアイスクリーム店を開業。蜂は必ず巣に帰ってくることから、地元に愛され、人が集うことを願い、店名を「蜂屋」とし、蜂の巣を店のロゴマークのモチーフとした。そんなある日、近所の日本蕎麦屋さんから「中華そばという食べ物がある」ことを聞きつけ、独学で極寒地旭川の風土を考えた味の試行錯誤を繰り返し、豚骨スープと魚介系のスープをあわせた独自の風味を持つラーメンを昭和22年に創り上げた。そしてその後、地元の方の愛情に支えられ、二代三代と長い年月を重ねてきた。 そんな蜂屋の魅力を、ラーメンをすでに堪能した方も、まだ食してない方も、蜂屋の新たな挑戦となる神楽坂店に足を運んでみてはいかがだろうか。きっと蜂屋の歴史に触れることができるだろう。■新店舗紹介店舗名   :旭川ラーメン蜂屋 神楽坂店住所     :東京都新宿区神楽坂1丁目10オープン  :2009年9月19日(土)TEL      :03-3268-3007アクセス  :JR飯田橋駅(西口)/地下鉄飯田橋駅(B3出口)営業時間:平日11:00~23:00(LO 22:30) 土日祝11:00~20:30(LO 20:00)定休日  :無休(年末年始を除く)駐車場  :なし席数    :15席料金    :しょうゆラーメン750円~株式会社蜂屋http://www.hachiya-ramen.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.