JR東京駅にて超大画面フィルムディスプレイ『SHiPLA(シプラ)』の放映実証実験および報道公開を行うと発表

 篠田プラズマ株式会社(代表取締役会長兼社長:篠田 傳、本社:兵庫県神戸市、以下 篠田プラズマ)は、株式会社ジェイアール東日本企画と共催で駅構内における大型デジタルサイネージの可能性を検証するため、JR東京駅構内にてプラズマチューブアレイ技術を用いた超大画面フィルムディスプレイ『SHiPLA(シプラ)』の実証実験を実施すると発表した。 『SHiPLA(シプラ)』は、「超薄型」、「超軽量」、「曲面表示」、「省エネルギー」、「拡張性」などの特徴をもった環境対応の超大画面フイルムディスプレイだ。表示フィルムの薄さはなんと1mm、そのため従来のFPDの10分の1の軽さとなっている。また、薄いという利点を生かし、曲面や円筒形の壁にも設置可能となっている。さらに、消費電力は従来の大型ディスプレイの半分以下となっており、大幅なコストダウンを図ることができそうだ。 また、拡張性にも優れており、1m×1mのモジュールをつないで大画面に拡張可能となっており、どんな場所にでも設置することができそうだ。 なお、実用化を想定した環境での『SHiPLA(シプラ)』展示としては今回が初めての試みとなり、初日には報道公開を併せて行うとしている。この先の未来を予測する近い将来の表現方法が、早くも自身の目で体験することができそうだ。【実験概要】1.期間      :2009年9月2日(水)~4日(金)11:00~19:00 ※最終日は17:00まで2.展開場所 :JR東京駅 丸の内地下中央改札口脇・臨時イベントスペース【ワード資料】3.実験主体 :篠田プラズマ株式会社、株式会社ジェイアール東日本企画          協力:JR東日本、富士通株式会社、富士通フロンテック株式会社4.概要      :イベントスペース内に『SHiPLA(シプラ)』を設置し静止画・動画・WEB画像等、様々なコンテンツ表示を行う。5.コンテンツ  :JR東日本の情報や実験用サンプル画面、WEB画面等を準備し、各コンテンツを一定間隔で切り替え放映。6.検証テーマ:(1)『SHiPLA(シプラ)』の駅構内における価値検証(輝度・表示精度)          (2)設置・撤去の難易度検証          (3)大型ディスプレイに適したコンテンツの検証          (4)その他広告媒体としての課題抽出 等篠田プラズマ株式会社http://www.shi-pla.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.